HONDA CR-V    

販売店 : ホンダカーズ店      


グレード 駆動 変速機 税込価格 燃費 CO2 重量税 取得税
1.5 EX <5人乗り> FF CVT 3,230,280 15.8 147 - -
1.5 EX <7人乗り> FF CVT 3,421,220 15.8 147 - -
1.5 EX・Masterpiece <5人乗り> FF CVT 3,591,000 15.4 151 - -
1.5 EX・Masterpiece <7人乗り> FF CVT 3,814,560 15.4 151 - -
2.0 HYBRID EX <5人乗り> FF CVT 3,784,320 25.8 90 免税 免税
2.0 HYBRID EX・Masterpiece <5人乗り> FF CVT 4,145,040 25.8 90 免税 免税
1.5 EX <5人乗り> 4WD CVT 3,446,280 15.0 155 - -
1.5 EX <7人乗り> 4WD CVT 3,637,440 15.0 155 - -
1.5 EX・Masterpiece <5人乗り> 4WD CVT 3,807,000 15.0 155 - -
1.5 EX・Masterpiece <7人乗り> 4WD CVT 4,030,560 15.0 155 - -
2.0 HYBRID EX <5人乗り> 4WD CVT 4,000,320 25.0 93 免税 免税
2.0 HYBRID EX・Masterpiece <5人乗り> 4WD CVT 4,361,040 25.0 93 免税 免税
 

メーカー希望小売価格(北海道・沖縄地区は価格が異なることがあります)

グリーンの欄は燃費基準達成を示す。このうち価格欄がグリーンとなっているものはエコカー減税対象車。
燃費数値は、JC08
モード(国土交通省審査値) 単位は km/L (CO2排出量はg/km)

 

○ ボディカラー
- ボディカラー 全 車
  プラチナホワイトパール ☆ <43,200円>
  ルナシルバーメタリック
  ルーセブラックメタリック ☆ <43,200円>
  クリスタルブラックパール
  プレミアムクリスタルレッドメタリック ☆ <64,800円>
  ミッドナイトブルービームメタリック ☆ <43,200円>
☆ オプションカラー

 

○主要諸元
シリーズ 前輪駆動 (FF) 四輪駆動 (4WD)
全長/全幅/全高 4,605 / 1,855 / 1,680 mm 4,605 / 1,855 / 1,690 mm
ホイールベース 2,660 mm
トレッド [フロント] 1,600 mm
トレッド [リヤ] 1,615 mm
最低地上高 190 - 200 mm 200 - 210 mm
最小回転半径 5.5 m
室内長/室内幅/室内高 1,970 / 1,550 / 1,185-1,230 mm [5人乗り]
2,520 / 1,520 / 1,185-1,230 mm [7人乗り]
乗車定員 5 / 7 名
車両重量 1,520 - 1,650 kg 1,590 - 1,700 kg
ステアリング ラック&ピニオン式
フロントサスペンション マクファーソン式
リヤサスペンション マルチリンク式
フロントブレーキ ベンチレーテッドディスク
リヤブレーキ ディスク
トランスミッション 無段変速オートマチック / 電式式無段変速機

 

○エンジン/モーター
エンジン型式 L15B LFB
種類・動弁・燃料供給 直列4気筒 DOHC 16V PGM-FI (直噴) 直列4気筒 DOHC 16V PGM-FI
主要技術 i-VTEC ・インタークーラー付ターボ i-VTEC ・アトキンソンサイクル ・i-MMD
総排気量 L 1.496 1.993
内径/行程 mm 73.0 × 89.4 81.0 × 96.7
圧縮比 10.3 13.0
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 140[190]/5,600 107[145]/6,200
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 240[24.5]/2,000-5,000 175[17.8]/4,000
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン・57L 無鉛レギュラーガソリン・57L
モーター型式 - H4
種類 - 交流同期電動機
最高出力 kW[PS]/r.p.m. - 135[184]5,000-6,000
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. - 315[32.1]/0-2,000
動力用主電池 - リチウムイオン電池
個数・容量 - 72個 / 5.0Ah
ハイブリッドシステム出力 kW[PS] - 158[215]
WLTC モード燃費 km/L - WLTC [市街地/郊外/高速]
電気式無段変速機 <AWD> - 21.2[21.0/22.1/20.7] <20.2[19.1/21.6/19.8]>

 

○エコカー減税・グリーン税制 減税額
グレード 駆動 変速機 重量税 取得税 自動車税 補助金
2.0 HYBRID EX <5人乗り> FF CVT 30,000 94,700 29,500 -
2.0 HYBRID EX・Masterpiece <5人乗り> FF CVT 30,000 104,000 29,500 -
2.0 HYBRID EX <5人乗り> 4WD CVT 30,000 100,000 29,500 -
2.0 HYBRID EX・Masterpiece <5人乗り> 4WD CVT 30,000 109,100 29,500 -
自動車税の減税は、登録翌年度のみ

 

○主要装備一覧
   
「EX」「HYBRID EX」

・Honda SENSING [ミリ波レーダー×単眼カメラ]
 追突軽減ブレーキ (CMBS) /歩行者事故低減ステアリング
 渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール
 車線維持支援システム(LKAS) /路外逸脱抑制制御
 誤発進抑制制御 /先行車発進お知らせ /標識認識機能
 オートハイビーム
・ブラインドスポットインフォメーション
・ドライバー注意力モニター
・アジャイルハンドリングアシスト
・前席用i-サイドエアバッグ+前後カーテンエアバッグ
・全席シートヘッドレスト+3点式シートベルト
・LEDヘッドライト+オートライトコントロール
・LEDアクティブコーナリングライト+LEDフォグライト
・VSA+TCS (横滑り抑制システム)
・エマージェンシーストップシグナル
・ヒルスタートアシスト機能
・電子制御パーキングブレーキ+オートブレーキホールド機能
・エコアシスト (ECONモード)
・イモビライザー+セキュリティアラーム
・Hondaインターナビ+リンクアップフリー/ヘルプネット
 DVD/CD+DTV/AM/FM/USB/HDMI/Bluetooth
 リヤワイドカメラ/ステアリングスイッチ/Apple CarPlay
・ETC2.0対応車載器
・8スピーカー
・充電専用USBジャック (2列目左右)
・マルチインフォメーションディスプレー
・Hondaスマートキーシステム+パワースイッチ
・左右独立温度調整フルオートエアコン
・プラズマクラスター
・アレルフリー高性能脱臭フィルター
・リヤエアコンアウトレット
・ワンタッチウインカー
・車速連動オートドアロック
・チルト&テレスコピックステアリング
・アクティブノイズコントロール
・運転席8ウェイパワーシート+電動ランバーサポート
・ドライビングポジションシステム
・本革巻ステアリング
・自動防眩ルームミラー
・リヤセンターアームレスト
・運転席+助手席シートヒーター
・木目調パネル
・アンビエントランプ
・IRカット&UVカット遮音機能付フロントガラス
・スーパーUVカット&IRカットフロントドアガラス
・ハーフシェイドフロントウインドウ
・リヤプライバシーガラス
・親水+ヒーテッドドアミラー
・フロント撥水ガラス+熱線入りフロントウインドウ
・電動格納式リモコンカラードドアミラー
・LEDドアミラーウインカー
・ドアミラーヒーター
・LEDポジションランプ
・LEDリヤコンビネーションランプ
・カラードテールゲートスポイラー
・車速連動間欠/バリアブル間欠フロントワイパー
・リバース連動ウォッシャー付間欠リヤワイパー
・シャークフィンアンテナ
・フロアアンダーカバー
・235/60R18タイヤ+18インチアルミホイール
・シャッターグリル
・振幅感応型ダンパー
・可変ステアリングギアレシオ
・パンク修理キット

 <ハイブリッド車・専用装備>

・車両接近通報装置
・アクティブサウンドコントロール
・SPORTモードスイッチ+EVモードスイッチ
・エレクトリックギアセレクター

 <ガソリン車・専用装備>

・畜冷エバポレーター
・本革巻セレクトレバー
・フロアボード
・エキパイフィニッシャー
・パドルシフト



「EX・Masterpiece」「HYBRID EX・Masterpiece」

・ハンズフリーアクセスパワーテールゲート
・電動パノラミックサンルーフ
・本革シート+専用インテリア
・助手席4ウェイパワーシート
・ルーフレール
   

 

○おすすめグレード
 ① 2.0 HYBRID EX

 ② 2.0 HYBRID EX・Masterpiece
新型CR-Vはスタート価格が323万円。ハリアーの2.0Lターボが買える価格設定。トヨタが割安に感じられるというのも珍しい。それだけの商品という自信はあるかもしれないし、バリエーションで言えば通常なら最上級グレードになるモデルだけラインナップされているから高いというのも理解したいが、CR-VといえばRAV4がライバルであり、RAV4が復活すればハリアーより少し安い価格帯となるだろうし、フォレスターやCX-5と比較しても50万円から100万円高いお金を出す価値があるかという点で、ユーザーからは厳しい評価を受けるかもしれない。アコードにしてもそうだが、ホンダファンにだけ売ろうという考えなのかもしれない。月販1,200台売りたいなら、もう少し手頃な価格のタイプも設定した方がいいと思う。1.5LのVTEC TURBOエンジンは、2.0Lクラスの燃費で2.5L並みのパワーを出す。一般的にはこれで十分な性能と思うが、ライバルだともっと性能的にパワフルで燃費がいいものもある。また、7人乗りが20万円も高くなるのも不可解。普通出せても10万円までだと思う。そもそも3列使いたいならステップワゴンかオデッセイがいい。ハイブリッドはアコードのシステムを基本としている。このシステムにAWDが設定されるのは初めて。グレードは基本的には1タイプ。「EX」は最近のホンダでは上級グレードに使われるものであるし、十分な内容。予算があればレザーシートやサンルーフが装備される「Masterpiece」がいいかもしれない。
 

 

○値引き情報
15 - 20 万円
上級SUVの復活ということで、購入を検討する人も多いだろうが、ライバルも多いので競合は避けられない。第一にトヨタハリアーが有力な相手となる。また、さまざまな面で高い評価を受けているマツダCX-5、このクラスでは販売が好調なスバルフォレスターも候補となるだろう。ホンダカーズ店同士の競合もできるが、それは最終的な局面でいい。価格設定もそこそこで利幅も大きそうだから、新型でも20万円以上の値引きを目指していい。
 

 

○今後の動向
当面は変更なし
次回の情報をお待ちください。
 

 

○モデルプロフィール
現行型発売日 2018年8月30日 月販目標台数 1,200台
最新改良日 2018年8月30日 月販平均台数 - 台
生産工場 本田技研工業株式会社 埼玉製作所 (埼玉県狭山市)