HONDA JADE    

販売店 : ホンダカーズ店      


グレード 駆動 変速機 税込価格 燃費 CO2 重量税 取得税
1.5 G・Honda SENSING <5人乗り> FF CVT 2,398,680 18.0 129 25% 20%
1.5 RS・Honda SENSING <5人乗り> FF CVT 2,558,520 17.6 132 25% 20%
1.5 X・Honda SENSING <6人乗り> FF CVT 2,748,600 18.0 129 25% 20%
1.5 ハイブリッド RS・Honda SENSING <5人乗り> FF 7AT 2,898,720 24.2 96 75% 80%
1.5 ハイブリッド X・Honda SENSING <6人乗り> FF 7AT 3,088,800 24.2 96 75% 80%
 

メーカー希望小売価格(北海道・沖縄地区は価格が異なることがあります)

グリーンの欄は燃費基準達成を示す。このうち価格欄がグリーンとなっているものはエコカー減税対象車。
燃費数値は、JC08
モード(国土交通省審査値) 単位は km/L (CO2排出量はg/km)

 

○ ボディカラー
- ボディカラー G RS / ハイブリッド RS X / ハイブリッド X
  プラチナホワイトパール <37,800円> <37,800円> *1 <37,800円> *1
  スーパープラチナメタリック <37,800円> <37,800円> *1 <37,800円> *1
  モダンスティールメタリック ○ *1 ○ *1
  クリスタルブラックパール
  プレミアムクリスタルレッドメタリック <59,400円> *1 <59,400円> *1
  プレミアムクリスタルオレンジメタリック <59,400円> *1
  コバルトブルーパール ○ *1 ○ *1
☆ オプションカラー / ブラックルーフ仕様あり <70,200 - 118,800円>

 

○主要諸元
シリーズ 前輪駆動 (FF) -
全長/全幅/全高 4,660 / 1,775 / 1,530-1,540 mm -
ホイールベース 2,760 mm -
トレッド [フロント] 1,535 - 1,545 mm -
トレッド [リヤ] 1,530 - 1,540 mm -
最低地上高 140 - 150 mm -
最小回転半径 5.5 - 5.7 m -
室内長/室内幅/室内高 2,200-2,850 / 1,505 / 1,230 mm -
乗車定員 5 / 6 名 -
車両重量 1,430 - 1,520 kg -
ステアリング ラック&ピニオン式 -
フロントサスペンション マクファーソン式 -
リヤサスペンション ダブルウィッシュボーン式 -
フロントブレーキ ベンチレーテッドディスク式 -
リヤブレーキ ディスク式 -
トランスミッション 7速デュアルクラッチトランスミッション
無段変速オートマチック
-

 

○エンジン/モーター
エンジン型式 LEB L15B
種類・動弁・燃料供給 直列4気筒 DOHC 16V PGM-FI (直噴) 直列4気筒 DOHC 16V PGM-FI (直噴)
主要技術 i-VTEC・i-DCD i-VTEC・インタークーラー付ターボ
総排気量 L 1.496 1.496
内径/行程 mm 73.0 × 89.4 73.0 × 89.4
圧縮比 11.5 10.6
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 96[131]/6,600 110[150]/5,500
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 155[15.8]/4,600 203[20.7]/1,600-5,000
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン・40L 無鉛レギュラーガソリン・47L
モーター型式 H1 -
種類 交流同期電動機 -
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 22[29.5]/1,313-2,000 -
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 160[16.3]/0-1,313 -
動力用主電池 リチウムイオン電池 -
個数・容量 48個 / 5.0Ah -
ハイブリッドシステム出力 kW[PS] 112[152] -
システムトルク N・m[kgf・m] 190[19.4] -

 

○エコカー減税・グリーン税制 減税額
グレード 駆動 変速機 重量税 取得税 自動車税 補助金
1.5 G・Honda SENSING FF CVT 5,700 12,000 -  
1.5 RS・Honda SENSING FF CVT 5,700 12,800 -  
1.5 X・Honda SENSING FF CVT 7,500 13,800 -  
1.5 ハイブリッド RS・Honda SENSING FF 7AT 22,500 58,000 25,500 -
1.5 ハイブリッド X・Honda SENSING FF 7AT 22,500 61,800 25,500 -
自動車税の減税は、登録翌年度のみ

 

○主要装備一覧
   
「G・Honda SENSING」

・Honda SENSING
 衝突軽減ブレーキ (ミリ波レーダー×単眼カメラ式)
 誤発進抑制・歩行者事故低減ステアリング
 路外逸脱抑制・アダプティブクルーズコントロール
 車線維持支援システム・先行車発進お知らせ・標識認識
・LEDヘッドライト (ロービーム)
・オートライトコントロール
・ECONスイッチ
・アイドリングストップシステム
・全席シートヘッドレスト+3点式シートベルト
・前席サイド&前後カーテンエアバッグ
・VSA (横滑り抑制+トラクションコントロール)
・エマージェンシーストップシグナル
・ヒルスタートアシスト機能
・セキュリティアラーム+イモビライザー
・オーディオレス (4スピーカー)
・マルチインフォメーションディスプレイ
・フルオートエアコン (アレルフリー高性能脱臭フィルター)
・Hondaスマートキーシステム+プッシュスタート
・ワンタッチウインカー
・車速連動オートドアロック
・チルト&テレスコピックステアリング
・運転席シートハイトアジャスター
・LEDフロントマップランプ
・全面高熱線吸収UVカットガラス
・リヤプライバシーガラス
・車速連動バリアブル間欠フロントワイパー
・ウォッシャー付間欠リヤワイパー (リバース連動)
・LEDリヤライセンスランプ
・LEDウインカー付電動格納カラードドアミラー
・オートリトラミラー
・LEDリヤコンビネーションランプ
・テールゲートスポイラー
・205/60R16タイヤ+フルホイールキャップ
・パドルシフト
・パンク修理キット
・シャークフィンアンテナ

「RS・Honda SENSING」
「HYBRID RS・Honda SENSING」

・専用LEDヘッドライト (ハイ/ロービーム)
・アジャイルハンドリングアシスト
・LEDフォグライト
・専用スポーツペダル
・専用コンビシート (ラックススエード×プライムスムース)
・カーボン調室内パネル
・本革巻ステアリング+シフトレバー
・RS専用エクステリア (メッキグリル+メッキ加飾)
・LEDポジションランプ
・自動防眩ルームミラー (フレームレス)
・ピアノブラック調塗装エクステリアパーツ
・コンフォートビューパッケージ
 親水ヒーテッドドアミラー/フロントドア撥水ガラス
・ダーククロームメッキドアハンドル
・ブラック塗装大型テールゲートスポイラー
・専用リヤコンビランプ
・225/45R18タイヤ
・18インチノイズリデューシングアルミホイール
・RS専用ダンパー
・車両接近通報装置 (ハイブリッドのみ)

--------

「X・Honda SENSING」
「HYBRID X・Honda SENSING」


<「G・Honda SENSING」の装備に加えて>

・LEDヘッドライト (ハイ/ロービーム)
・LEDフォグライト
・ナビ装着用スペシャルパッケージ
 リヤカメラ/ステアリングスイッチ/ETC車載器
・6スピーカー
・コンビシート (プライムスムース×ファブリック)
・木目調室内パネル
・本革巻ステアリング+シフトレバー
・2列目Vスライドキャプテンシート
・サードシート
・自動防眩ルームミラー (フレームレス)
・LEDポジションランプ
・ピアノブラック調塗装エクステリアパーツ
・IR+UVカットフロント&IR+スーパーUVカットフロントドアガラス
・クロームメッキドアハンドル
・大型テールゲートスポイラー
・コンフォートビューパッケージ
・215/50R17タイヤ
・17インチノイズリデューシングアルミホイール
   

 

○おすすめグレード
 ① 1.5 RS・Honda SENSING

 ② 1.5 ハイブリッド RS・Honda SENSING
シンプルなグレード構成だったが、販売が低迷。かなり存在感が薄い車となっていたが、この度ラインナップを増強してきた。1.5Lターボモデルは従来からあった「RS」はもっとスポーティに進化し、その他に求めやすい価格の「G」が設定されてスタート価格が20万円下がった。また、上級タイプの「X」も設定された。ハイブリッドは標準仕様的なモデルは廃止されて「RS」と「X」になった。ハイブリッドのスポーティモデルは今までになかった仕様。そして、もうひとつ大きな変化は、大半のグレードが2列シートの5人乗りとなったこと。実質的にステーションワゴン的な立ち位置になった。「X」のみ2列目がキャプテンシートとなり、ちょっと狭い3列目シートが装備される。正直3列目まで使いたいなら、この車ではなくステップワゴンかオデッセイの方がいい。シャトルより上級感のある走りや装備が得られるワゴンとして選びたい。中でもジェイドらしさが出ているのが「RS」。これがいいだろう。
 

 

○値引き情報
20 - 25 万円
真正面のライバルはトヨタプリウスαあたりになるのだろうが、ミニバンというには少し違う。ステーションワゴンの一面も持っている。ある意味では多種多様な現代らしい車であり、クロスオーバー的な車もライバルになる。よく売れているトヨタC-HRもライバルになってくる。その他にも、価格帯が似ている個性的な車として、マツダアクセラスポーツ、スバルXVなども。これといった競合もないが、人気のない車なので比較的値引きはしてくれるはず。
 

 

○今後の動向
当面は変更なし
次回の情報をお待ちください。
 

 

○モデルプロフィール
現行型発売日 2015年2月12日 月販目標台数 500台
最新改良日 2018年5月17日(MC) 月販平均台数 1,055台 [15/2-12]
生産工場 本田技研工業株式会社 埼玉製作所 寄居工場 (埼玉県大里郡寄居町)