HONDA VEZEL    

販売店 : ホンダカーズ店      


グレード 駆動 変速機 税込価格 燃費 CO2 重量税 取得税
1.5 G FF CVT 1,920,000 20.6 113 25% 40%
1.5 X・Honda SENSING FF CVT 2,120,000 20.6 113 25% 40%
1.5 RS・Honda SENSING FF CVT 2,390,000 19.8 116 25% 40%
1.5 G 4WD CVT 2,136,000 19.0 122 25% 40%
1.5 X・Honda SENSING 4WD CVT 2,336,000 19.0 122 25% 40%
 

メーカー希望小売価格(北海道・沖縄地区は価格が異なることがあります)

グリーンの欄は燃費基準達成を示す。このうち価格欄がグリーンとなっているものはエコカー減税対象車。
燃費数値は、JC08
モード(国土交通省審査値) 単位は km/L (CO2排出量はg/km)

 

○ ボディカラー
- ボディカラー G / X RS
  ホワイトオーキッドパール
  ルナシルバーメタリック
  ルーセブラックメタリック
  クリスタルブラックパール
  プレミアムクリスタルレッドメタリック
  シナモンブロンズメタリック
  ミスティグリーンパール
  モルフォブルーパール
☆ オプションカラー <37,800円> (プレミアムクリスタルレッドメタリックは 59,400円)

 

○主要諸元
シリーズ 前輪駆動 (FF) 四輪駆動 (リアルタイム4WD)
全長/全幅/全高 4,295 / 1,770 / 1,605 mm
4,305 / 1,790 / 1,605 mm [RS]
ホイールベース 2,610 mm
トレッド [フロント] 1,535 mm
トレッド [リヤ] 1,540 mm
最低地上高 185 mm 170 mm
最小回転半径 5.3 - 5.5 m 5.3 m
室内長/室内幅/室内高 1,930 / 1,485 / 1,265 mm
乗車定員 5 名
車両重量 1,180 - 1,210 kg 1,270 kg
ステアリング ラック&ピニオン式
フロントサスペンション マクファーソン式
リヤサスペンション 車軸式 ド・ディオン式
フロントブレーキ ベンチレーテッドディスク式
リヤブレーキ ディスク式
トランスミッション 無段変速オートマチック(トルコン付)

 

○エンジン
エンジン型式 L15B -
種類・動弁・燃料供給 直列4気筒 DOHC 16V PGM-FI (直噴) -
主要技術 i-VTEC -
総排気量 L 1.496  
内径/行程 mm 73.0 × 89.4 -
圧縮比 11.5 -
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 96[131]/6,600 -
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 155[15.8]/4,600 -
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン・40L -

 

○エコカー減税・グリーン税制 減税額
グレード 駆動 変速機 重量税 取得税 自動車税 補助金
1.5 G FF CVT 5,700 19,200 - -
1.5 X・Honda SENSING FF CVT 5,700 21,200 - -
1.5 RS・Honda SENSING FF CVT 5,700 23,900 - -
1.5 G 4WD CVT 5,700 21,400 - -
1.5 X・Honda SENSING 4WD CVT 5,700 23,400 - -
自動車税の減税は、登録翌年度のみ

 

○主要装備一覧
   
「G」

・VSA+TCS [横滑り抑制装置]
・モーションアダプティブEPS
・エマージェンシーストップシグナル
・ヒルスタートアシスト機能
・全席シートヘッドレスト+3点式シートベルト
・アイドリングストップシステム
・イモビライザー+セキュリティアラーム
・電子制御パーキングブレーキ
・オートブレーキホールド機能
・ダブルホーン
・ECONモードスイッチ
・Hondaスマートキーシステム+プッシュスタート
・ワンタッチウインカー
・インフォメーションディスプレイ
・オーディオレス [4スピーカー]
・プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコン
・アレルフリー高性能脱臭フィルター
・チルト&テレスコピックステアリング
・車速連動オートドアロック
・運転席+助手席バニティミラー
・ハイデッキセンターコンソール
・運転席ハイトアジャスター
・リヤアームレスト+リヤシートリクライニング機構
・LEDフロントマップランプ+ルームランプ
・電動格納式リモコンカラードドアミラー
 LEDウインカー/オートリトラ
・クロームメッキアウタードアハンドル
・車速連動間欠/バリアブル間欠フロントワイパー
・IRカット+UVカットフロントガラス (ハーフシェイド)
・IRカット+スーパーUVカットフロントドアガラス
・UVカットプライバシーガラス
・テールゲートスポイラー
・シャークフィンアンテナ
・ウォッシャー付間欠リヤワイパー
・LEDリヤライセンスランプ
・215/60R16タイヤ+フルホイールキャップ
・パンク修理キット
・フロントスタビライザー
・フロント&リヤ振幅感応ダンパー
・パフォーマンスロッド
・リヤディスクブレーキ

 [4WD]

・リアルタイム4WD
・コンフォートビューパッケージ
 親水ヒーテッドドアミラー/フロントドア撥水ガラス等
△パフォーマンスロッド

「X・Honda SENSING」

・LEDヘッドライト+オートライトコントロール
・フロントフォグライト
・前席用i-サイド+前後サイドカーテンエアバッグシステム
・Honda SENSING
 衝突軽減ブレーキ(CMBS)/歩行者事故低減ステアリング
 ACC(アダプティブクルーズコントロール)
 LKAS(車線維持支援システム)/路外逸脱抑制機能/誤発進抑制機能
 先行車発進お知らせ機能/標識認識機能
・マルチインフォメーションディスプレイ
・6スピーカー
・本革巻ステアリング+クロームメッキ室内加飾
・自動防眩ルームミラー
・LEDポジションランプ
・215/60R16タイヤ+16インチアルミホイール

 [4WD]

・運転席+助手席シートヒーター



「RS・Honda SENSING」

・LEDフロントフォグライト
・運転席+助手席シートヒーター
・ウルトラスエードコンビシート+専用インテリア
・本革巻ステアリング (スムースレザー)
・本革巻セレクトレバー
・ステンレス製スポーツペダル
・ピアノブラック調ハイデッキセンターコンソール
・ダーククロームメッキ室内加飾
・コンフォートビューパッケージ
・クリスタルブラック塗装ドアミラー
・RS専用ブラッククロームメッキフロントグリル
・ダーククロームメッキアウタードアハンドル
・クリスタルブラック塗装ボディロアガーニッシュ
・エキパイフィニッシャー
・225/50R18タイヤ+18インチアルミホイール
・RS専用パフォーマンスダンパー
・VGR (可変ステアリングギアレシオ)
・パドルシフト
   

 

○おすすめグレード
 ① 1.5 X・Honda SENSING

 ② 1.5 G
昨年はSUV販売台数ナンバー1となったヴェゼル。16年の改良では内外装の質感を向上させて、シティブレーキアクティブシステムを、ホンダ自信の「Honda SENSING」に刷新。自動ブレーキ性能を時速50キロくらいまでは停止できるものにしたほか、レーダークルーズコントロールなどもセットで装着されている。また、新たにスポーティグレード「RS」を設定。専用の内外装のほか、足回りのチューニングも引き締めて、よりホンダに求められる車作りをしている印象。ガソリン車はハイブリッドと異なり、逆に1万円価格が下げられた。理由は本革巻ステアリングが落とされたことによる。その他の装備に大きな変更はない。また、ボディカラーがハイブリッドと同じ8色から選べるようになったのはうれしい。「X」は従来モデルよりも5万円の価格アップ。ただし、Honda SENSINGに加えて、マルチインフォメーションディスプレイ、自動防眩ルームミラーを追加装備しているので、むしろけっこう値下げになったと言える内容。このグレードがおすすめである。新設定された「RS」は18インチタイヤ、ウルトラスエードのインテリア、専用の足回りなどスポーツ性を高めたモデル。欲しいなら買い得だと思う。
 

 

○値引き情報
12 - 18 万円
ハイブリッドではないヴェゼルも1.5LクラスのSUVとしてなかなかうまい商品企画。ガソリンエンジンの出来はかなり良く、積極的におすすめしたい。今のところこの価格帯でちょうどいいライバルはマツダCX-3くらい。あとはスバルXVあたりか日産ジュークとなるだろう。とはいえ、競合はSUVでなくてはならない理由はなく、このクラスで完成度の高い車、例えばマツダアクセラ、トヨタアクアなども有効。最初からホンダカーズ店を回るより、ライバル車から相談に入り、最終的に決める前に他のホンダで様子を伺うのがいい。
 

 

○今後の動向
当面は変更なし
次回の情報をお待ちください。
 

 

○モデルプロフィール
現行型発売日 2013年12月20日 月販目標台数 4,000台 (HV含む)
最新改良日 2016年2月25日(MC) 月販平均台数 1,682台 [15/1-12]
生産工場 本田技研工業株式会社 埼玉製作所 寄居工場 (埼玉県大里郡寄居町)