LEXUS CT    

販売店 : レクサス店      


グレード 駆動 変速機 税込価格 燃費 CO2 重量税 取得税
1.8 CT200h FF CVT 3,662,000 30.4 76 免税 免税
1.8 CT200h "バージョンC" FF CVT 3,909,000 26.6 87 免税 免税
1.8 CT200h "Cool Touring Style"* FF CVT 4,000,000 26.6 87 免税 免税
1.8 CT200h "F SPORT" FF CVT 4,331,000 26.6 87 免税 免税
1.8 CT200h "バージョンL" FF CVT 4,608,000 26.6 87 免税 免税
 

メーカー希望小売価格(北海道・沖縄地区は価格が異なることがあります)

グリーンの欄は燃費基準達成を示す。このうち価格欄がグリーンとなっているものはエコカー減税対象車。
燃費数値は、JC08
モード(国土交通省審査値) 単位は km/L (CO2排出量はg/km)

 

○ ボディカラー
- ボディカラー 全 車 F SPORT
  ホワイトノーヴァガラスフレーク ○ *1
  ソニッククォーツ
  プラチナムシルバーメタリック ○ *1
  ソニックチタニウム
  マーキュリーグレーマイカ ○ *1
  グラファイトブラックガラスフレーク
  ブラック
  マダーレッド ○ *1
  レッドマイカクリスタルシャイン ○ *1
  アンバークリスタルシャイン
  スパークリングメテオメタリック ○ *1
  ディープブルーマイカ ○ *1
*1 ブラックルーフ仕様あり <75,600円>

 

○主要諸元
シリーズ 前輪駆動 (FF) -
全長/全幅/全高 4,350 / 1,765 / 1,450-1,460 mm -
ホイールベース 2,600 mm -
トレッド [フロント] 1,525 - 1,535 mm -
トレッド [リヤ] 1,520 - 1,530 mm -
最低地上高 130 - 140 mm -
最小回転半径 5.0 - 5.2 m -
室内長/室内幅/室内高 1,765 / 1,470 / 1,120-1,135 mm -
乗車定員 5 名 -
車両重量 1,380 - 1,460 kg -
ステアリング ラック&ピニオン式 -
フロントサスペンション マクファーソンストラット式 -
リヤサスペンション ダブルウィッシュボーン式 -
フロントブレーキ ベンチレーテッドディスク式 -
リヤブレーキ ディスク式 -
トランスミッション 電気式無段変速機 -

 

○エンジン/モーター
エンジン型式 2ZR-FXE -
種類・動弁・燃料供給 直列4気筒 DOHC 16V EFI -
主要技術 VVT-i ・アトキンソンサイクル ・THS II -
総排気量 L 1.797 -
内径/行程 mm 80.5 × 88.3 -
圧縮比 13.0 -
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 73[99]/5,200 -
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 142[14.5]/4,000 -
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン・45L -
モーター型式 3JM -
種類 交流同期電動機 -
最高出力 kW[PS] 60[82] -
最大トルク N・m[kgf・m] 207[21.1] -
動力用主電池 ニッケル水素電池 -
ハイブリッドシステム出力 kW[PS] 100[136] -

 

○エコカー減税・グリーン税制 減税額
グレード 駆動 変速機 重量税 取得税 自動車税 補助金
1.8 CT200h FF CVT 22,500 91,500 29,500 -
1.8 CT200h "バージョンC" FF CVT 22,500 97,700 29,500 -
1.8 CT200h "Cool Touring Style"* FF CVT 22,500 99,900 29,500 -
1.8 CT200h "F SPORT" FF CVT 22,500 108,200 29,500 -
1.8 CT200h "バージョンL" FF CVT 22,500 115,200 29,500 -
自動車税の減税は、登録翌年度のみ

 

○主要装備一覧
   
「CT200h」

・リヤスポイラー
・電子制御ブレーキ [ECB]+リヤディスクブレーキ
・195/65R15タイヤ+15インチアルミホイール (カバー付)
・パンク修理キット
・バックガイドモニター
・ヒルスタートアシストコントロール
・チルト&テレスコピックステアリング
・S-VSC+TRC [横滑り防止システム]
・緊急ブレーキシグナル+車両接近通報装置
・SRSフロントシートサイド&前後カーテンシールドエアバッグ
・SRS運転席+助手席ニーエアバッグ
・全席シートヘッドレスト+3点式シートベルト
・むち打ち傷害軽減シート (フロントシート)
・LEDクリアランスランプ+フロントハロゲンフォグランプ
・オートライトシステム
・リヤワイパー&ウォッシャー
・UVカット遮音タイプフロントガラス
・スーパーUVカット+IRカット撥水機能付フロントドアガラス
・UVカットプライバシーガラス
・電動格納式ドアミラー (レインクリアリング/ヒーター付)
・スマートエントリー&スタートシステム
・リモートタッチ
・ドライブモード/EVドライブモードスイッチ
・車速感応式オートパワードアロック
・オプティトロンメーター
・マルチインフォメーションディスプレイ
・本革ステアリング+シフトノブ+パドルシフト
・ブラック オーナメントパネル
・レザー巻きメーターフード
・ファブリックシート (フロントシートヒーター付)
・トノカバー
・左右独立温度調整オートエアコン (湿度センサー付)
・プラズマクラスター+クリーンエアフィルター
・レクサスCT プレミアムサウンドシステム (10スピーカー)
・SDナビゲーションシステム+7インチ高精細ディスプレイ
・Blu-ray/DVD/CD/DTV/AM/FM/USB/micro SD/AUX/Bluetooth
・G-Link (3年間無料)
 ヘルプネット/G-Security/オペレーターサービス/緊急サポート24
 マップオンデマンド/Gルート検索/リモートメンテナンス
 エージェント/LEXUS Apps
・イモビライザー+侵入センサー付オートアラーム
・ITSスポット対応DSRCユニット (ETC機能付)
「version C」

・フロント&リヤ パフォーマンスダンパー
・205/55R16タイヤ+16インチアルミホイール
・クルーズコントロール
・自動防眩インナーミラー
・カードキー
・ブラックメタル オーナメントパネル
・運転席8Wayパワーシート+電動ランバーサポート
・助手席4Wayパワーシート



「version L」

・215/45R17タイヤ+17インチアルミホイール
・クリアランスソナー&バックソナー
・LEDヘッドランプ
・LEDクリアランスランプ (デイライト機能付)
・LEDフロントフォグランプ
・雨滴感応式間欠フロントワイパー
・オート電動格納式ドアミラー
 広角/自動防眩/リバース連動/メモリー/ヒーター付
・本木オーナメントパネル
・本革シート (フロントシートヒーター)
・運転席ポジションメモリー

-------

「クールツーリングスタイル」特別装備

・スピンドルグリル (メッキロアモール)
・215/45R17タイヤ
・専用ハイグロス塗装17インチアルミホイール
・LEDヘッドランプ+クリアランスランプ (デイライト機能付)
・LEDフロントフォグランプ
・専用ファブリックシート表皮 (L texシート)
・運転席+助手席シートヒーター
   

 

○おすすめグレード
 ① 1.8 CT200h "version C"

 ② 1.8 CT200h "F SPORT"
標準グレードでもレクサスブランドだけあって十分すぎる内容となっている。レクサスでは本木目パネルを標準とすると最初言っていたように思うが、いつの間にかなし崩し的に撤回されている。また、エントリータイプはトヨタらしくホイールは専用の15インチとなり、見た目でベーシックグレードとわかるようなもの。そうして上級仕様を買わせる戦略だろう。プリウスではなくレクサスCTを買うのであれば16インチタイヤを装着する「バージョンC」がいい。価格差も20万円とこの価格帯では大きくない範囲である。また、クルーズコントロールや自動防眩インナーミラーなど高級車らしい装備も追加される。「バージョンL」は一般的なレクサス車だと、プリクラッシュセーフティなどの安全装備が加わるが、CTは本革シートのみで、これもセミアリニンではなく差が付けられている。こういったところは車種問わずに統一すべきではないか。この辺の考え方が大衆ブランドトヨタから抜け切れない。また、プリクラッシュブレーキなどに関しても小型車、軽自動車よりも積極性が足りない。
 

 

○値引き情報
3 - 6 万円
レクサスのボトムレンジを担うもので、求めやすい価格になっているとはいえ、レクサスにしてはという話で、上級に位置するHSとの価格差はそれほどなく、装備差や内装のクオリティなどを考えると、それほどお得感が高いとは感じない。このくらいの価格帯にはアウディA3をはじめ、BMW 1シリーズ、メルセデスのAクラスなどヨーロッパのライバルが戦略的な価格設定でシェアを拡大しているため、CTが思ったほど売れていないのはそうした車種と比較してハイブリッドであること以外に訴えかけるものが少ないからだろう。
 

 

○今後の動向
当面は変更なし
次回の情報をお待ちください。
 

 

○モデルプロフィール
現行型発売日 2011年5月13日 月販目標台数 700台
最新改良日 2016年8月25日(改良) 月販平均台数 450台 [15/1-12]
生産工場 トヨタ自動車九州株式会社 宮田工場 (福岡県宮若市)