LEXUS ES    

販売店 : レクサス店      


グレード 駆動 変速機 税込価格 燃費 CO2 重量税 取得税
2.5 ES300h FF CVT 5,800,000 20.6 113 免税 免税
2.5 ES300h "F SPORT" FF CVT 6,290,000 20.6 113 免税 免税
2.5 ES300h "version L" FF CVT 6,980,000 20.6 113 免税 免税
 

メーカー希望小売価格(北海道・沖縄地区は価格が異なることがあります)

グリーンの欄は燃費基準達成を示す。このうち価格欄がグリーンとなっているものはエコカー減税対象車。
燃費数値は、WLTC
モード(国土交通省審査値) 単位は km/L (CO2排出量はg/km)

 

○ ボディカラー
- ボディカラー 全 車 F SPORT
  ホワイトノーヴァガラスフレーク
  ソニッククォーツ
  プラチナムシルバーメタリック
  ソニックチタニウム
  マーキュリーグレーマイカ
  グラファイトブラックガラスフレーク
  ブラック
  レッドマイカクリスタルシャイン
  アイスエクリュマイカメタリック
  サンライトグリーンマイカメタリック
  ヒートブルーコントラストレイヤリング
  ディープブルーマイカ
☆ メーカーオプション <162,000円>

 

○主要諸元
シリーズ 前輪駆動 (FF) -
全長/全幅/全高 4,975 / 1,865 / 1,445 mm -
ホイールベース 2,870 mm -
トレッド [フロント] 1,590 - 1,600 mm -
トレッド [リヤ] 1,600 - 1,610 mm -
最低地上高 145 mm -
最小回転半径 5.8 - 5.9 m -
室内長/室内幅/室内高 2,170 / 1,535 / 1,145 mm -
乗車定員 5 名 -
車両重量 1,680 - 1,730 kg -
ステアリング ラック&ピニオン式 -
フロントサスペンション マクファーソンストラット式 -
リヤサスペンション ダブルウィッシュボーン式 -
フロントブレーキ ベンチレーテッドディスク式 -
リヤブレーキ ディスク式 -
トランスミッション 電気式無段変速機 -

 

○エンジン/モーター
エンジン型式 A25A-FXS -
種類・動弁・燃料供給 直列4気筒 DOHC 16V D-4S (直噴) -
主要技術 Dual VVT-i (吸気側VVT-iE)
アトキンソンサイクル ・THS II
-
総排気量 L 2.487 -
内径/行程 mm 87.5 × 103.4 -
圧縮比 14.0 -
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 131[178]/5,700 -
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 221[22.5]/3,600-5,200 -
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン・55L -
モーター型式 3NM -
種類 交流同期電動機 -
最高出力 kW[PS] 88[120] -
最大トルク N・m[kgf・m] 202[20.6] -
動力用主電池 ニッケル水素電池 -
ハイブリッドシステム出力 kW[PS] 155[211] -

 

○エコカー減税・グリーン税制 減税額
グレード 駆動 変速機 重量税 取得税 自動車税 補助金
2.5 ES300h FF CVT 30,000 144,900 33,500 -
2.5 ES300h "F SPORT" FF CVT 30,000 157,200 33,500 -
2.5 ES300h "version L" FF CVT 30,000 174,400 33,500 -
自動車税の減税は、登録翌年度のみ

 

○主要装備一覧
   
「ES300h」

・215/55R17タイヤ+17インチアルミホイール
・パンク修理キット
・スウィングバルブショックアブソーバー
・Lexus Safety System +
 プリクラッシュセーフティ (歩行者昼夜/自転車昼)
 レーントレーシングアシスト
 オートマチックハイビーム
 レーダークルーズコントロール
 ロードサインアシスト
 先行車発進告知機能
・パーキングサポート (静止物)
・バックガイドモニター
・アクティブコーナリングアシスト
・アクティブノイズコントロール
・電子制御ブレーキ (ECB)
・ヒルスタートアシストコントロール
・VSC&TRC
・ドライブスタートコントロール
・緊急ブレーキシグナル
・車両接近通報装置
・タイヤ空気圧警報
・ポップアップフード
・SRS運転席&助手席ニーエアバッグ
・SRS前後カーテンシールドエアバッグ
・SRSフロント&リヤシートサイドエアバッグ
・LEDヘッドランプ
・LEDクリアランスランプ (デイライト機能)
・LEDコーナリングランプ
・フルLEDリヤコンビランプ
・IR&UVカットフロント&フロントドアガラス (遮音)
・プライバシーガラス
・オート電動格納式ドアミラー
 広角/自動防眩/リバース連動/メモリー/ヒーター付
・雨滴感知オートワイパー
・自動防眩インナーミラー
・スマートエントリー&スタートシステム
・リモートタッチ
・車速感応式オートパワードアロック
・ムーンルーフ (チルト&スライド)
・TFT液晶式メーター
・本木目+本革巻ステアリング&シフトノブ
・電動チルト&テレスコピックステアリング
・ステアリングヒーター
・アナログクロック
・L texシート (フロントヒーター&ベンチレーション)
・運転席&助手席8ウェイパワーシート
・電動リヤウインドゥサンシェード
・左右独立温度調整オートエアコン (S-FLOW制御付)
・ナノイー
・排出ガス感知内外気オート切替機能
・クリーンエアフィルター (花粉除去&脱臭機能)
・ナビゲーションシステム (12.3インチワイドディスプレイ)
・プレミアムサウンドシステム (8スピーカー)
・Blu-ray/DVD/CD/DTV/AM/FM/AUX
・USB/micro SD+Bluetooth
・充電用USB
・G-Link (3年間無料)
・イモビライザー&侵入センサー付オートアラーム
・ETC2.0ユニット

-------

「F SPORT」

・専用スピンドルグリル&サイドガーニッシュ
・専用リヤバンパーロアガーニッシュ
・専用ラゲージドアガーニッシュ+リヤスポイラー
・フロント&リヤパフォーマンスダンパー
・NAVI AI-AVS
・235/40R19タイヤ+19インチアルミホイール
・上下2段式アダプティブハイビームシステム
・三眼フルLEDヘッドランプ
・LEDシーケンシャルターンランプ
・ヘッドランプクリーナー&マルチウェザーライト
・専用TFT液晶式メーター
・専用ディンプル本革巻ステアリング&シフトノブ
・専用アルミ製スポーツペダル
・専用L tex スポーツシート

------

「version L」

・フロント&リヤパフォーマンスダンパー
・235/45R18タイヤ+18インチアルミホイール
・ブラインドスポットモニター
・パーキングサポートブレーキ (後方接近車両&歩行者)
・パノラミックビューモニター
・ITS connect
・上下2段式アダプティブハイビームシステム
・三眼フルLEDヘッドランプ
・LEDシーケンシャルターンランプ
・ヘッドランプクリーナー&マルチウェザーライト
・アンビエントイルミネーション
・ハンズフリーパワートランクリッド
・カラーヘッドアップディスプレイ
・リヤドアサンシェード
・セミアリニン本革シート
・後席シートヒーター
・運転席10ウェイパワーシート
・後席電動リクライニング機能
・3席独立温度調整オートエアコン
・アクセサリーコンセント (AC100V)
   

 

○解説・おすすめグレード
 ① 2.5 ES300h

 ② 2.5 ES300h "version L"
レクサスESは、レクサスブランド誕生当時から続く主力車種となる。国内ではセルシオとして販売されたLSと同時に発売された歴史がある。日本ではウィンダムとして販売されたが、レクサスブランドの日本立ち上げではラインナップに入らなかった。プレミアムブランドの車はFRレイアウトという認識が当時はあり、見送られたと考えられる。なぜ今頃になって導入されるのかという疑問もあるが、将来的にはGSと統合されるという見方もあり、スタイリング面からしてもLSの弟分的な位置づけとなるかもしれない。LSが高く大きくなりすぎたためという部分もあるだろう。国内では2.5Lハイブリッドのみとなる。しかし、販売面などを見ながらV6エンジンなどが追加される可能性があると言われている。グレードは基本タイプとスポーティな「F SPORT」。上級装備が追加される「バージョンL」といういつもの内容。バージョンLになってくると、GSとの価格差があまりないので考えてしまうところ。いくらレクサスとして作り込みされているといっても、ベースによる差は出てくるもの。わかりやすく言えば、お金をかけてもカムリがクラウンを超えられるかというのはある。ただ、ESの場合それが悪い評価に結びつくわけではない。室内の広さや走りを楽しむより、快適にクルージングしたいという人にはESがおすすめかもしれないし、FRならではの上質感や走りの楽しさを重視すればGSとなる。装備はもっぱらベースモデルで充実している。
 

 

○値引き情報
3 - 6 万円
レクサスは意外と安売りをしない。ドイツの御三家に比べても、価格のレンジは比較的狭い。ISともGSとも接近している価格なので、この車の立ち位置はわかりにくいものはある。輸入車との競合は一定の効果にはなるが、レクサスの場合値引きがすごく拡大するということにはならない。ただし、用品のサービスや下取りの上乗せなど、実質的な値引きは獲得することができる。
 

 

○今後の動向
当面は変更なし
次回の情報をお待ちください。
 

 

○モデルプロフィール
現行型発売日 2018年10月24日 月販目標台数 600台
最新改良日 2018年10月24日 月販平均台数 - 台
生産工場 トヨタ自動車九州株式会社 宮田工場 (福岡県宮若市)