MAZDA ROADSTER RF    

販売店 : マツダ店 / マツダアンフィニ店      


グレード 駆動 変速機 税込価格 燃費 CO2 重量税 取得税
2.0 S FR 6MT 3,240,000 15.6 149 - -
2.0 S FR 6AT 3,261,600 15.6 149 - -
2.0 VS FR 6MT 3,574,800 15.6 149 - -
2.0 VS FR 6AT 3,596,400 15.6 149 - -
2.0 RS FR 6MT 3,736,800 15.6 149 - -
 

メーカー希望小売価格(北海道・沖縄地区は価格が異なることがあります)

グリーンの欄は燃費基準達成を示す。このうち価格欄がグリーンとなっているものはエコカー減税対象車。
燃費数値は、JC08
モード(国土交通省審査値) 単位は km/L (CO2排出量はg/km)

 

○ ボディカラー
- ボディカラー 全 車
  クリスタルホワイトパールマイカ ☆ <32,400円>
  セラミックメタリック
  マシーングレープレミアムメタリック ☆ <54,000円>
  ジェットブラックマイカ
  ソウルレッドプレミアムメタリック ☆ <54,000円>
  ブルーリフレックスマイカ
☆ オプションカラー

 

○主要諸元
シリーズ 後輪駆動 (FR) -
全長/全幅/全高 3,915 / 1,735 / 1,245 mm -
ホイールベース 2,310 mm -
トレッド [フロント] 1,495 mm -
トレッド [リヤ] 1,505 mm -
最低地上高 145 mm -
最小回転半径 4.7 m -
室内長/室内幅/室内高 940 / 1,425 / 1,040 mm -
乗車定員 2 名 -
車両重量 1,100 - 1,130 kg -
ステアリング ラック&ピニオン式 -
フロントサスペンション ダブルウィッシュボーン式 -
リヤサスペンション マルチリンク式 -
フロントブレーキ ベンチレーテッドディスク式 -
リヤブレーキ ディスク式 -
トランスミッション SKYACTIV-MT 6MT / 6EC-AT -

 

○エンジン
エンジン型式 PE-VPR [RS] -
種類・動弁・燃料供給 直列4気筒 DOHC 16V Di (直噴) -
主要技術 デュアルS-VT・ミラーサイクル -
総排気量 L 1.997 -
内径/行程 mm 83.5 × 91.2 -
圧縮比 13.0 -
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 116[158]/6,000 -
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 200[20.4]/4,600 -
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン・40L -

 

 

○主要装備一覧
   
「S」

・DSC+TCS (横滑り防止システム)
・ヒルローンチアシスト
・SRSサイドエアバッグ
・エマージェンシーシグナルシステム
・クラッチスタートシステム (MTのみ)
・全面UVカットガラス
・LEDヘッドランプ+LEDポジションランプ
・LEDリヤコンビランプ
・電動リモコン式カラードドアミラー
・オートライトシステム
・レインセンサーワイパー
・自動防眩ルームミラー
・パワーリトラクタブルハードトップ
・チルトステアリング
・インテリジェントドライブマスター (i-DM)
・7インチWVGAセンターディスプレイ
・コマンダーコントロール
・TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ
・本革巻シフトノブ&パーキングブレーキレバー
・本革巻ステアリング (サテンクロームメッキベゼル)
・シフトスイッチ (ATのみ)
・フルオートエアコン
・AM/FMラジオ+6スピーカー
・Bluetooth+ハンズフリーマイク+USB&AUX端子
・ナビゲーション用SDカードスロット (カード別売)
・i-ELOOP
・i-stop (アイドリングストップ)
・ドライブセレクション (ATのみ)
・トルクセンシング式スーパーLSD (MTのみ)
・軽量フライホイール (MTのみ)
・フロント&リヤスタビライザー
・205/45R17タイヤ+17インチアルミホイール
・パンク修理キット
・アドバンストキーレスエントリーシステム
・プッシュボタンスタートシステム
・イモビライザー

「VS」

・ブラインドスポットモニタリング (BSM)
・リヤクロストラフィックアラート (RCTA)
・車線逸脱警報システム (LDWS)
・アダプティブフロントライティングシステム (AFB)
・ハイビームコントロールシステム (HBC)
・シートヒーター
・CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー
・Boseサウンドシステム+9スピーカー
・ナッパレザーシート



「RS」

・ピアノブラック塗装ドアミラー
・レカロ社製シート (ナッパレザー×アルカンターラ)
・ビルシュタイン社製ダンパー
・インダクションサウンドエンハンサー
・フロントサスタワーバー
・ガンメタリック塗装17インチアルミホイール
   

 

○おすすめグレード
 ① 2.0 VS

 ② 2.0 RS
ロードスターをベースにパワーリトラクタブルハードトップを採用したモデル。基本的にロードスターは幌がベストという考え方をメーカーも持っているが、先代のRHTの販売が大変好調だったこともあり、世界的にも求められているため今回も追加設定された。ただ、先代よりもデザイン面ではさらにまとまっており、一目ではクーペのようなスタイル。RFはよりプレミアムなモデルと位置付けられているようで、価格も装備も上級に移行しているが、ベースとの一番大きな違いは2.0Lエンジンを搭載するという点。100kgの重量増もあるが、それにしても2.0Lになるというのはかなり大きな動力性能の差を生み出すはずで、この点でこちらを選ぶ人も多くなるだろう。装備はベースタイプの「S」でもかなりいいが、趣味性の高い車なので上級感のあるインテリアを求めるなら「VS」。よりスポーツ性を求めるなら「RS」がおすすめ。なお「RS」にはブレンボ製ブレーキとBBS製アルミがセットとなるオプションも30万円と消費税である。
 

 

○値引き情報
5 - 10 万円
強気のマツダ。ロードスターはもはや伝統の車ともいえ、大量に販売する車ではない。ほとんどがロードスターからの買い替え需要ということもあり、ライバルとの競合もあまり効果はないかも。ただ、やはりトヨタ86といった車は気にならないわけではないし、RFでは価格帯が上がっていることから、欧州車などのスポーティモデルとの競合も出てくるはず。それでも大幅な値引きは期待できないだろうが、用品値引きや下取りの上乗せなどには応じてくれるだろう。
 

 

○今後の動向
当面は変更なし
次回の情報をお待ちください。
 

 

○モデルプロフィール
現行型発売日 2016年12月22日 月販目標台数 500台
最新改良日 2016年12月22日 月販平均台数 712台 [15/1-12]
生産工場 マツダ株式会社 本社工場 (広島県広島市)