MITSUBISHI OUTLANDER PHEV    

販売店 : 三菱店      


グレード 駆動 変速機 税込価格 燃費 CO2 重量税 取得税
2.0 M 4WD CVT 3,659,472 19.2 120 免税 免税
2.0 G セーフティパッケージ 4WD CVT 3,973,860 19.2 120 免税 免税
2.0 G ナビパッケージ 4WD CVT 4,324,860 19.2 120 免税 免税
2.0 G プレミアムパッケージ 4WD CVT 4,681,260 19.2 120 免税 免税
2.0 S エディション 4WD CVT 4,789,260 19.2 120 免税 免税
充電電力使用時走行距離 60.8km (プラグインレンジ) プレミアムパッケージは 60.2km/L

メーカー希望小売価格(北海道・沖縄地区は価格が異なることがあります)

グリーンの欄は燃費基準達成を示す。このうち価格欄がグリーンとなっているものはエコカー減税対象車。
燃費数値は、JC08
モード(国土交通省審査値) 単位は km/L (CO2排出量はg/km)

 

○ ボディカラー
- ボディカラー 全 車 S Edition
  ホワイトパール ☆ *1
  クールシルバーメタリック ○ *1
  チタニウムグレーメタリック
  ブラックマイカ
  ルビーブラックパール
  レッドメタリック ○ *1
  クォーツブラウンメタリック
☆ オプションカラー <32,400円> / *1 ブラックルーフ仕様あり <54,000 - 86,400円>

 

○主要諸元
シリーズ 四輪駆動 (ツインモーター4WD) -
全長/全幅/全高 4,695 / 1,800 / 1,710 mm -
ホイールベース 2,670 mm -
トレッド [フロント] 1,540 mm -
トレッド [リヤ] 1,540 mm -
最低地上高 190 mm -
最小回転半径 5.3 m -
室内長/室内幅/室内高 1,900 / 1,495 / 1,170-1,235 mm -
乗車定員 5 名 -
車両重量 1,830 - 1,900 kg -
ステアリング ラック&ピニオン式 -
フロントサスペンション マクファーソンストラット式 -
リヤサスペンション マルチリンク式 -
フロントブレーキ ベンチレーテッドディスク式 -
リヤブレーキ ディスク式 -
トランスミッション 電気式無段変速機 -

 

○エンジン/モーター
エンジン型式 4B11 -
種類・動弁・燃料供給 直列4気筒 DOHC 16V ECI-MULTI -
主要技術 MIVEC・プラグインハイブリッド -
総排気量 L 1.998  
内径/行程 mm 86.0 × 86.0 -
圧縮比 10.5 -
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 87[118]/4,500 -
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 186[19.0]/4,500 -
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン・45L -
モーター型式 前/後 S61 / Y61 -
種類 交流同期電動機 -
定格出力 kW 前/後 25 / 25  
最高出力 kW[PS] 前/後 60[82] / 60[82] -
最大トルク N・m[kgf・m] 前/後 137[14.0] / 195[19.9] -
動力用主電池 リチウムイオン電池 -
総電圧・総電力量 300V / 12kWh -

 

○エコカー減税・グリーン税制 減税額
グレード 駆動 変速機 重量税 取得税 自動車税 補助金
2.0 M 4WD CVT 30,000 91,400 29,500 132,000
2.0 G セーフティパッケージ 4WD CVT 30,000 99,300 29,500 132,000
2.0 G ナビパッケージ 4WD CVT 30,000 108,100 29,500 132,000
2.0 G プレミアムパッケージ 4WD CVT 30,000 117,000 29,500 132,000
2.0 S エディション 4WD CVT 30,000 119,700 29,500 132,000
自動車税の減税は、登録翌年度のみ

 

○主要装備一覧
   
「M」

・LEDヘッドライト+LEDポジションランプ
・フロント&リヤスキッドプレート
・メッキサイドウインドウモール
・ダークメッキフロントグリル
・LEDリヤコンビランプ
・カラード+メッキサイドシルガーニッシュ
・全面UVカットガラス+リヤプライバシーガラス
・ウインカー付電動格納式リモコンカラードドアミラー
・ハイコントラストメーター
・マルチインフォメーションディスプレイ
・ECOモードスイッチ
・バッテリーチャージ&セーブモードスイッチ
・4WD LOCKモードスイッチ
・本革巻ステアリング+ジョイスティックセレクターレバー
・回生レベルセレクター (パドル式)
・左右独立温度調整式フルオートエアコン
・クリーンエアフィルター
・オーディオレス [6スピーカー]
・シャークフィンアンテナ
・スエード調+機能性素材コンビシート表皮
・フロントシートヒーター
・運転席パワーシート
・チルト&テレスコピックステアリング
・インパネ上部+フロントドアトリムソフトパッド
・ブラックストリーム調インパネ&ドアトリムパネル
・S-AWC
・アクティブヨーコントロール (AYC)
・アクティブスタビリティコントロール (ASC)
・SRSサイド&カーテンエアバッグ
・SRS運転席ニーエアバッグ
・ヒルスタートアシスト
・エマージェンシーストップシグナルシステム
・全席シートヘッドレスト&3点式シートベルト
・充電機能 (急速充電/普通充電)
・コントロールボックス付充電ケーブル (AC200V 5m)
・車両接近通報装置
・キーレスオペレーションシステム+パワースイッチ
・EVプライオリティモード
・電動パーキングブレーキ+ブレーキオートホールド
・オートライトコントロール
・間欠リヤワイパー
・215/70R16タイヤ+フルホイールカバー
・フロント&リヤスタビライザー
・イモビライザー&セキュリティアラーム
・パンク修理キット
・寒冷地仕様

「G セーフティパッケージ」

・LEDフロントフォグランプ
・ステアリングヒーター
・マルチアラウンドモニター (バードアイビュー機能付)
・ディスプレイ付自動防眩ルームミラー
・e-Assist
 追突被害軽減ブレーキシステム (単眼カメラ×レーザー)
 車線逸脱警報システム
 レーダークルーズコントロール
 オートマチックハイビーム
・雨滴感応オートワイパー
・ステアリングオーディオリモコンスイッチ
・225/55R18タイヤ+ラウンドリムタイプアルミホイール



「G ナビパッケージ」

・メッキアウトサイドドアハンドル
・三菱リモートコントロール
・エレクトリックテールゲート
・ステアリングカメラスイッチ
・7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション
 地上デジタルTV/DVD/CD/AM/FM/ミュージックサーバー
 USB/Bluetooth+ビルトインETCユニット



「G プレミアムパッケージ」

・本革シート
・100V AC電源 (1500W)
・ロックフォードフォズゲートプレミアムサウンドシステム
・9スピーカー



「S Edition」

・電動ガラスサンルーフ
・ブラックメッキフロントグリル
・専用本革シート
・シルバージオメトリック調センターコンソール
・ビルシュタイン製ショックアブソーバー
・専用ダーククローム調18インチラウンドリムタイプアルミホイール
△ロックフォードフォズゲートプレミアムサウンドシステム
   

 

○おすすめグレード
 ① 2.0 G セーフティパッケージ

 ② 2.0 G プレミアムパッケージ
アウトランダーPHEVは昨年は1万台を販売。三菱にとって貴重な稼ぎ頭となっている。エントリーモデルは「E」から「M」に改められ、装備も充実。官公庁向け風味の仕様から、オーナー仕様としても十分な内容を持つに至った。これに「e-Assist」がオプションできればいいのだが、残念ながら「M」には設定なし。とはいえ、販売のほとんどは「G」が占めている。今回の改良で標準の「G」はなくなって、「セーフティパッケージ」からとなった。社外ナビでいいのならこれで十分。ルームミラー内にはなるが、マルチアラウンドモニターも付いているのでメーカーオプションにこだわる必要性もないと言える。「ナビパッケージ」は35万円くらい高くなるが、社外ナビで済ませれば+10万円程度で収まる。どうせ400万円以上出して「ナビパッケージ」にするのなら「プレミアムパッケージ」にしてしまった方がいい気がする。新設定の「Sエディション」は、サンルーフやビルシュタイン製ショックアブソーバーを装備した最上級モデルとなっている。
 

 

○値引き情報
15 - 22 万円
補助金が最大13万円出ることや、すべてにおいて免税や減税の措置を受けることができるため、その点を強調してくる。先進環境対応車はベースモデルとの価格差によって補助金が決定する側面があるため、値引きをしてしまうと最大補助金が受けられなくなることもある。ただ、他社もこのクラスのSUVには力を入れている。ハイブリッドが売りのトヨタハリアー、クリーンディーゼルのマツダCX-5、日産エクストレイルにもハイブリッドが追加された。売れている車種をぶつけて行くとそれなりに値引きは拡大しそうである。オプション類からの値引きを取りたい。
 

 

○今後の動向
当面は変更なし
次回の情報をお待ちください。
 

 

○モデルプロフィール
現行型発売日 2012年12月26日 月販目標台数 1,000台
最新改良日 2017年2月9日(改良) 月販平均台数 942台 [15/1-12]
生産工場 三菱自動車工業株式会社 水島製作所 (岡山県倉敷市)