NISSAN NV200 VANETTE     

販売店 : 日産ブルーステージ店 / 日産レッドステージ店       


グレード 駆動 変速機 税込価格 燃費 CO2 重量税 取得税
1.6 16X-2R FF 4AT 1,937,520 13.2 176 - -
1.6 16X-3R FF 4AT 2,045,520 12.8 181 - -
1.6 プレミアム GX-2R FF 4AT 2,223,720 13.2 176 - -
1.6 プレミアム GX-3R FF 4AT 2,331,720 12.8 181 - -
 

メーカー希望小売価格(北海道・沖縄地区は価格が異なることがあります)

グリーンの欄は燃費基準達成を示す。このうち価格欄がグリーンとなっているものはエコカー減税対象車。
燃費数値は、JC08
モード(国土交通省審査値) 単位は km/L (CO2排出量はg/km)

 

○ ボディカラー
- ボディカラー 全 車
  ホワイトパール 3P
  ブリリアントシルバーメタリック
  スーパーブラック
  タイガーアイブラウンパールメタリック
  ラグーンブルーパールメタリック
☆ オプションカラー <43,200円>

 

○主要諸元
シリーズ 前輪駆動 (FF) -
全長/全幅/全高 4,400-4,430 / 1,695 / 1,850 mm -
ホイールベース 2,725 mm -
トレッド [フロント] 1,490 mm -
トレッド [リヤ] 1,510 mm -
最低地上高 160 mm -
最小回転半径 5.2 m -
室内長/室内幅/室内高 1,905-2,600 / 1,495 / 1,305 mm -
乗車定員 5 / 7 名 -
車両重量 1,310 - 1,360 kg -
ステアリング ラック&ピニオン式 -
フロントサスペンション マクファーソン式 -
リヤサスペンション リーフリジッド式 -
フロントブレーキ ベンチレーテッドディスク式 -
リヤブレーキ リーディングトレーリング式 -
トランスミッション E-ATx (フルレンジ電子制御4AT) -

 

○エンジン
エンジン型式 HR16DE -
種類・動弁・燃料供給 直列3気筒 DOHC 12V EGI -
主要技術 CVTC -
総排気量 L 1.597  
内径/行程 mm 78.0 × 83.6 -
圧縮比 9.8 -
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 80[109]/6,000 -
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 152[15.5]/4,400 -
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン・55L -

 

 

○主要装備一覧
   

「16X-2R」

・フロントフォグランプ
・電動リモコンカラードドアミラー
・リヤ間欠ワイパー
・フロントUVカットガラス
・前席パワーウインドウ
・リモートコントロールエントリーシステム
・車両情報ディスプレイ
・マニュアルエアコン[クリーンフィルター]
・室内シルバーフィニッシャー
・チルトステアリング
・オーディオレス[4スピーカー]
・ジャージシート表皮
・カラードドアハンドル
・フロントメッキグリル
・165R14タイヤ+フルホイールカバー
・フロントスタビライザー
・VDC [横滑り防止システム]

↓ →

「16X-3R」

・CD/AM/FM[4スピーカー]
・マルチアップタイプサードシート
「プレミアムGX -2R」「プレミアムGX -3R」

・UVカットブライバシーガラス
・スライドサイドウインドウ(両側/フラッシュタイプ)
・専用本革巻ステアリング
・インテリジェントキー+エンジンイモビライザー
・専用カラードフロントバンパー
・専用フロントグリル(メッキ)
・専用フードトップモール
   

 

○おすすめグレード
 ① 1.6 16X

 ② 1.6 プレミアム GX
改良でワゴンにも上級仕様の「プレミアムGX」が追加。これまでよりも自家用車として購入しやすくなった。とはいえ、セレナとさほど変わらない価格のこの車を購入する層というのは、仕事メインで使うことが前提なのだろうと思う。3年車検というのは喜ばれるケースは多い。「16X」はバンの「VX」に相当するもので、それほど装備や内装の質感などは大したことはない。バンの「GX」よりも質素なものだ。商業利用であればこれでいいが、ある程度の装備内容を求めるのなら、「プレミアムGX」を選ぶしかない。
 

 

○値引き情報
20 - 25 万円
価格設定は割高にしてあるが、ある程度の値引きも考えたもののようで、意外に値引きは大きく出ている。特にこれといったライバル車もなく、趣味性の高いモデルとして一部の用途に売れているのみであるが、最低でも20万円前後の値引きを獲得したいところ。競合には価格帯の近いモデルとしては2.0Lクラスのミニバンがあるが、それだけセレナをおすすめされてしまう恐れもあるため、下手に競合させるよりも1車に絞り、短期決戦で決めた方が効果的であろう。
 

 

○今後の動向
当面は変更なし
次回の情報をお待ちください。
 

 

○モデルプロフィール
現行型発売日 2009年5月19日 月販目標台数 1,300台 (バン含む)
最新改良日 2016年1月18日(改良) 月販平均台数 130台 [15/1-12]
生産工場 日産車体株式会社 湘南工場 (神奈川県平塚市)