NISSAN WINGROAD    

販売店 : 日産ブルーステージ店 / 日産レッドステージ店      


グレード 駆動 変速機 税込価格 燃費 CO2 重量税 取得税
1.5 15B FF CVT 1,676,160 17.2 135 - -
1.5 15S FF CVT 1,782,000 17.2 135 - -
1.5 15M オーセンティック FF CVT 1,900,800 17.2 135 - -
1.5 15M FF CVT 2,019,600 17.2 135 - -
1.5 15M V リミテッド* FF CVT 2,068,200 17.2 135 - -
 

メーカー希望小売価格(北海道・沖縄地区は価格が異なることがあります)

グリーンの欄は燃費基準達成を示す。このうち価格欄がグリーンとなっているものはエコカー減税対象車。
燃費数値は、JC08
モード(国土交通省審査値) 単位は km/L (CO2排出量はg/km)

 

○ ボディカラー
- ボディカラー 15B 全 車
  ホワイト
  ホワイトパール 3P
  ブリリアントシルバーメタリック
  トワイライトグレーパールメタリック
  スーパーブラック
  キングフィッシャーブルーメタリック
  スチールブルーメタリック
☆ オプションカラー <32,400円>

 

○主要諸元
シリーズ 前輪駆動 (FF) -
全長/全幅/全高 4,415-4,440 / 1,695 / 1,505 mm -
ホイールベース 2,550 mm -
トレッド [フロント] 1,475 - 1,480 mm -
トレッド [リヤ] 1,480 - 1,485 mm -
最低地上高 160 mm -
最小回転半径 5.2 m -
室内長/室内幅/室内高 1,955-2,055 / 1,395 / 1,210 mm -
乗車定員 5 名 -
車両重量 1,200 - 1,220 kg -
ステアリング ラック&ピニオン -
フロントサスペンション 独立懸架ストラット式 -
リヤサスペンション トーションビーム式 -
フロントブレーキ ベンチレーテッドディスク式 -
リヤブレーキ リーディングトレーリング式 -
トランスミッション エクストロニックCVT -

 

○エンジン
エンジン型式 HR15DE -
種類・動弁・燃料供給 直列4気筒 DOHC 16V EGI -
主要技術 CVTC -
総排気量 L 1.498  
内径/行程 mm 78.0 × 78.4 -
圧縮比 10.5 -
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 80[109]/6,000 -
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 148[15.1]/4,400 -
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン・45L -

 

 

○主要装備一覧
   
「15B」

・UVカットフロント+フロントドアガラス
・フロント車速感知無段間けつワイパー
・リヤ間けつワイパー (スチール製)
・電動格納式リモコンドアミラー (ブラック)
・リモートコントロールエントリーシステム
・チルトステアリング
・タコメーター
・電磁式バックドアオープナー
・マニュアルエアコン (クリーンフィルター)
・CD/AM/FM [2スピーカー]
・ルーフアンテナ
・カラードアウトサイドドアハンドル
・大容量アンダーボックスシステム
・185/65R15タイヤ+フルホイールカバー
・スペアタイヤ
・フロント&リヤスタビライザー
・VDC+TCS [横滑り防止システム]
・寒冷地仕様
 リヤヒーターダクト/ヒーター付ドアミラー

↓ →

「15M オーセンティック」

・オートライトシステム
・UVカット機能付プライバシーガラス
・インテリジェントキー+イモビライザー
・マップランプ
・助手席バニティミラー
・インテリジェントエアコンシステム
 プラズマクラスター/排出ガス検知式内外気自動切換え機構
 高性能フィルター/ワンタッチクリーンスイッチ付
・4スピーカー
・運転席シートリフター
・リヤシートスライド
・リモコン可倒式リヤシート
・トノカバー
「15S」

・UVカット機能付プライバシーガラス
・電動格納式リモコンカラードドアミラー
・フロントカラードエアロバンパー
・サイドシルプロテクター
・リヤカラードエアロバンパー



「15M」

・オートライトシステム
・インテリジェントキー+イモビライザー
・室内メタル調フィニッシャー
・助手席バニティミラー
・インテリジェントエアコンシステム
・4スピーカー
・ルーフアンテナ (ロッドタイプ)
・スエード調クロスシート表皮
・運転席シートリフター
・助手席シートバックテーブル
・リモコン可倒式リヤシート
・リヤシートスライド
・トノカバー
・195/55R16タイヤ+16インチアルミホイール



「15M V Limited」

・バイキセノンヘッドランプ
・アクティブAFS
・オーディオレス [4スピーカー]
・ウォッシャブルラゲッジボード
・イージーラゲッジベンチ
   

 

○おすすめグレード
 ① 1.5 15S

 ② 1.5 15M オーセンティック
若い人はSUVに流れ、今では法人や年輩ユーザーが多い。そのためか「エアロ」という名前をやめている。エアロレスを逆に「オーセンティック」と名づけてなんとなく年齢層が高い人ウケも良さそうにしている。「15B」はビジネスワゴン向けのシンプルな仕様で、自家用は「15S」からがいいと思う。装備は「15S」でも必要十分なもの。人気のインテリジェントキーなどが欲しいとなると「15Mオーセンティック」がベスト。改良でVDCも装備。その関係で全車CVTとなって、e-4WDは廃止された。価格は全体的に割高でライバルと比較しても室内のクオリティは低く、安全装備も貧弱である。走りも特にコストがかかっておらず、現代のレベルで評価すると相当苦しい。下取り額も悲惨である。5~7年で買い替えるような人にはフィールダーと比べて50万円くらい高い負担になると考えておいた方がいい。
 

 

○値引き情報
25 - 30 万円
割と人気があったのに、現行は最初から販売がいまいち。そうこうしているうちに放置され、気が付けば旧い車になってしまった。今では法人需要が中心で、わざわざこの車を買おうという人も少ないと思われる。パワートレインは他社と比較すれば二世代前であり、ハイブリッドはもちろん、安全装備についても遅れている。リセールバリューも悪く、ビジネスカーとして買うなら別だが、個人ユーザーはフィールダーかシャトルにした方がよい。
 

 

○今後の動向
当面は変更なし
次回の情報をお待ちください。
 

 

○モデルプロフィール
現行型発売日 2005年11月14日 月販目標台数 1,000台
最新改良日 2016年6月1日(改良) 月販平均台数 326台 [15/1-12]
生産工場 日産自動車株式会社 追浜工場 (神奈川県横須賀市)