SUBARU XV    

販売店 : スバル店      


グレード 駆動 変速機 税込価格 燃費 CO2 重量税 取得税
1.6 1.6i EyeSight AWD CVT 2,138,400 16.2 143 - -
1.6 1.6i-L EyeSight AWD CVT 2,268,000 16.2 143 - -
2.0 2.0i-L EyeSight AWD CVT 2,505,600 16.4 142 - -
2.0 2.0i-S EyeSight AWD CVT 2,700,000 16.0 145 - -
2.0 Advance AWD CVT 2,829,600 19.2 121 50% 40%
 

メーカー希望小売価格(北海道・沖縄地区は価格が異なることがあります)

グリーンの欄は燃費基準達成を示す。このうち価格欄がグリーンとなっているものはエコカー減税対象車。
燃費数値は、JC08
モード(国土交通省審査値) 単位は km/L (CO2排出量はg/km)

 

○ ボディカラー
- ボディカラー 全 車
  クリスタルホワイトパール
  アイスシルバーメタリック
  ダークグレーメタリック
  クリスタルブラックシリカ
  ピュアレッド
  サンシャインオレンジ
  クールグレーカーキ
  ラグーンブルーパール ○ (Advance専用色)
  クォーツブルーパール
  ダークブルーパール
☆ オプションカラー <32,400円>

 

○主要諸元
シリーズ 四輪駆動 (AWD) -
全長/全幅/全高 4,465 / 1,800 / 1,550 mm -
ホイールベース 2,670 mm -
トレッド [フロント] 1,555 mm -
トレッド [リヤ] 1,565 mm -
最低地上高 200 mm -
最小回転半径 5.4 m -
室内長/室内幅/室内高 2,085 / 1,520 / 1,200 mm -
乗車定員 5 名 -
車両重量 1,410 - 1,550 kg -
ステアリング ラック&ピニオン式 -
フロントサスペンション ストラット式独立懸架 -
リヤサスペンション ダブルウィッシュボーン式独立懸架 -
フロントブレーキ ベンチレーテッドディスク式 -
リヤブレーキ ベンチレーテッドディスク式 -
トランスミッション リニアトロニック (CVT) -

 

○エンジン
エンジン型式 FB16 FB20
種類・動弁・燃料供給 水平対向4気筒 DOHC 16V EGI 水平対向4気筒 DOHC 16V 直噴
主要技術 デュアルAVCS デュアルAVCS
総排気量 L 1.599 1.995
内径/行程 mm 78.8 × 82.0 84.0 × 90.0
圧縮比 11.0 12.5
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 85[115]/6,200 113[154]/6,000
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 148[15.1]/3,600 196[20.0]/4,000
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン・63L 無鉛レギュラーガソリン・63L

 

エンジン型式 FB20 -
種類・動弁・燃料供給 水平対向4気筒 DOHC 16V Di (直噴) -
主要技術 デュアルAVCS・マイルドハイブリッド(e-BOXER) -
総排気量 L 1.995 -
内径/行程 mm 84.0 × 90.0 -
圧縮比 12.5 -
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 107[145]/6,000 -
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 188[19.2]/4,000 -
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン・48L -
モーター型式 MA1 -
種類 3相交流同期電動機 -
最高出力 kW[PS] 10[13.6] -
最大トルク N・m[kgf・m] 65[6.6] -
動力用主電池 リチウムイオン電池 -
WLTC モード燃費 km/L WLTC [市街地/郊外/高速] -
リニアトロニック 15.0 [11.5/15.5/16.8] -

 

○エコカー減税・グリーン税制 減税額
グレード 駆動 変速機 重量税 取得税 自動車税 補助金
2.0 Advance AWD CVT 15,000 28,300 19,500 -

 

 

○主要装備一覧
   
「1.6i EyeSight」

・アクティブトルクスプリットAWD
・225/60R17タイヤ+17インチアルミホイール
・フロント&リヤスタビライザー
・アイドリングストップ
・フロント&リヤフォグランプ
・ウェルカムライティング
・電動格納式リモコンカラードドアミラー
・雨滴感知オートワイパー/オートライト
・フロント間欠時間調整式ワイパー
・リヤ間欠ワイパー&ウォッシャー
・全車速追従機能付クルーズコントロール
・先行車発進お知らせ機能
・電動パーキングブレーキ
・マルチインフォメーションディスプレイ
・フルオートエアコン (抗アレルゲンフィルター)
・電波式リモコンドアロック
・チルト&テレスコピックステアリング
・方向指示器のワンタッチ機能
・イモビライザー+盗難警報装置
・オーディオレス (4スピーカー)
・ルーフアンテナ
・トリコットシート表皮
・運転席シートリフター
・カーボン調インパネ加飾パネル
・運転席+助手席バニティミラー
・サイドクラッディング+ルーフスポイラー
・全面UVカットガラス (フロントIRカット機能付)
・アイサイト コアテクノロジー
 プリクラッシュブレーキ
 アクティブレーンキープ
 AT誤発進&誤後進抑制制御/車線逸脱警報/ふらつき警報
・SRSサイドエアバッグ+カーテンエアバッグ
・運転席SRSニーエアバッグ
・歩行者保護エアバッグ
・VDC (横滑り防止装置+トラクションコントロール)
・アクティブトルクベクタリング
・エマージェンシーストップシグナル
・全席シートヘッドレスト+3点式シートベルト



「1.6i-L EyeSight」

・X-MODE
・ヒルディセントコントロール
・マルチファンクションディスプレイ
・パドルシフト
・リヤシートセンターアームレスト
・USB電源
・UVカット濃色ガラス
・後退時自動ブレーキシステム

「2.0i-L EyeSight」

・SI-DRIVE (2モード)
・LEDドアミラーウインカー
・本革巻ステアリング
・本革巻シフトノブ (シフトブーツ付オレンジステッチ)
・左右独立温度調整機能付フルオートエアコン
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・6スピーカー
・専用トリコットシート表皮 (オレンジステッチ)
・ダークシルバー金属調インパネ加飾パネル
・室内ソフトパッドトリム
・バニティミラー照明
・クロムメッキフロントグリル
・フロント遮音ガラス



「2.0i-S EyeSight」

・225/55R18タイヤ+18インチアルミホイール
・LEDハイ&ロービームランプ
・ポップアップ式ヘッドランプウォッシャー
・クリアビューパック
 ヒーテッドドアミラー/撥水フロントドアガラスなど
・アルミパッド付スポーツペダル
・専用トリコット×合成皮革シート表皮
・運転席+助手席8ウェイパワーシート
・光輝ウインドゥモール



「Advance」

・アクティブグリルシャッター
・LEDフロントフォグランプ
・Advance用トリコット+合成皮革シート表皮
・マットブルー金属調インパネ加飾パネル
・各部ブルーステッチ
・フロントバンパーガード
・専用フロントグリル+サイドクラッティング
・ルーフレール (ローマウントタイプ)
・ECOクルーズコントロール
   

 

○解説・おすすめグレード
 ① 2.0 2.0i-L EyeSight

 ② 1.6 1.6i EyeSight
「XV」はインプレッサスポーツをベースに、SUVやクロスオーバーテイストを取り入れたモデルとなっている。単にインプレッサにそれっぽいパーツを取り付けただけでなく、最低地上高を200mmにアップ。SUVらしい雪道などでの走破性なども得られる。また、車高を高めながらもノーマルのインプレッサに近い走り味を実現すべく、足回りやボディに手が加えられているという。ユーザー層に比較的若い人が多いことから、今回は1.6Lも用意。200万円ちょっとから選べる価格帯とした。性能としては必要十分である。しかし、価格設定などを考えるとゆとりのある走りができる2.0Lの方が魅力的。おそらく実用燃費もほとんど変わらないだろう。「i-L」同士の比較だと25万円程度。追加される装備など考えると10万円くらいの違いにしかならない。18年の改良で追加された「Advance」は、先代のXVハイブリッドに搭載されていたシステムの改良型。基本的には同じものだが、組み合わせるエンジンなどが異なる。モーターのみで走行することもあるが、大半はアシスト型のハイブリッドでモーターもそれほど大きくないので、スバルとしてはハイブリッドという名称は使っていない。燃費改善の効果もあるだろうが、実用域のトルクが太くなる点に魅力を感じて購入するのがいい。
 

 

○値引き情報
18 - 23 万円
見るからに魅力的なエクステリアをしている。先代よりも伸びやかになり、素直にかっこいいと言える車となった。エントリー価格も1.6Lの設定で引き下げられて、アイサイトや歩行者用のエアバッグなど安全装備も充実している。下取りなどのことを考えれば、スポーツよりXVの方がいいと思われる。現在のところかなり受注は好調な様子。強気の販売が目立つものの、SUVやクロスオーバーのライバルは多い。マツダやトヨタのライバルと競合させて、15万円オーバーの値引きは取りたいところ。
 

 

○今後の動向
当面は変更なし
次回の情報をお待ちください。
 

 

○モデルプロフィール
現行型発売日 2017年4月6日 月販目標台数 2,200台
最新改良日 2018年10月19日(改良) 月販平均台数(前年) 1,055台 [15/1-12]
生産工場 富士重工業株式会社 群馬製作所 矢島工場 (群馬県太田市)