SUZUKI ALTO    

販売店 : スズキ店 / スズキアリーナ店      


グレード 駆動 変速機 税込価格 燃費 CO2 重量税 取得税
660 F FF 5MT 847,800 27.2 85 50% 40%
660 F FF 5AT 847,800 29.6 78 75% 60%
660 F スズキセーフティサポート装着車 FF 5AT 907,200 29.6 78 免税 免税
660 L FF CVT 894,240 37.0 63 免税 免税
660 L スズキセーフティサポート装着車 FF CVT 953,640 37.0 63 免税 免税
660 S FF CVT 1,061,640 37.0 63 免税 免税
660 X FF CVT 1,171,800 37.0 63 免税 免税
660 F 4WD 5MT 953,640 25.2 92 25% 20%
660 F 4WD 5AT 953,640 27.4 85 50% 40%
660 F スズキセーフティサポート装着車 4WD 5AT 1,013,040 27.4 85 75% 80%
660 L 4WD CVT 1,000,080 33.2 70 75% 80%
660 L スズキセーフティサポート装着車 4WD CVT 1,059,480 33.2 70 75% 80%
660 S 4WD CVT 1,162,080 33.2 70 75% 80%
660 X 4WD CVT 1,266,840 33.2 70 75% 80%
 

メーカー希望小売価格(北海道・沖縄地区は価格が異なることがあります)

グリーンの欄は燃費基準達成を示す。このうち価格欄がグリーンとなっているものはエコカー減税対象車。
燃費数値は、JC08
モード(国土交通省審査値) 単位は km/L (CO2排出量はg/km)

 

○ ボディカラー
- ボディカラー F L / S X
  スペリアホワイト
  ピュアホワイトパール
  シルキーシルバーメタリック
  ブルーイッシュブラックパール3
  ピュアレッド
  シフォンアイボリーメタリック
  アーバンブラウンパールメタリック
  フィズブルーパールメタリック
☆オプションカラー <21,600円>

 

○主要諸元
シリーズ 前輪駆動 (FF) 四輪駆動 (4WD)
全長/全幅/全高 3,395 / 1,475 / 1,475-1,500 mm
ホイールベース 2,460 mm
トレッド [フロント] 1,295 - 1,305 mm
トレッド [リヤ] 1,290 - 1,310 mm
最低地上高 155 mm
最小回転半径 4.2 - 4.6 m
室内長/室内幅/室内高 1,985-2,040 / 1,255 / 1,215 mm
乗車定員 4 名
車両重量 610 - 670 kg 660 - 720 kg
ステアリング ラック&ピニオン式
フロントサスペンション マクファーソンストラット式
リヤサスペンション トーションビーム式 アイソレーテッド・トレーリングリンク式
フロントブレーキ ディスク式
リヤブレーキ リーディングトレーリング式
トランスミッション 5速MT / 5速AGS / 副変速機構付CVT

 

○エンジン
エンジン型式 R06A R06A
種類・動弁・燃料供給 直列3気筒 DOHC 12V EPI 直列3気筒 DOHC 12V EPI
主要技術 - 吸排気VVT
総排気量 L 0.658 0.658
内径/行程 mm 64.0 × 68.2 64.0 × 68.2
圧縮比 11.5 11.5
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 36[49]/6,500 38[52]/6,500
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 58[5.9]/4,000 63[6.4]/4,000
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン・27L 無鉛レギュラーガソリン・27L
搭載グレード 5速MT 5速AGS

 

エンジン型式 R06A -
種類・動弁・燃料供給 直列3気筒 DOHC 12V EPI -
主要技術 吸排気VVT・エネチャージ -
総排気量 L 0.658 -
内径/行程 mm 64.0 × 68.2 -
圧縮比 11.5 -
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 38[52]/6,500 -
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 63[6.4]/4,000 -
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン・27L -
搭載グレード CVT -

 

○エコカー減税・グリーン税制 減税額
グレード 駆動 変速機 重量税 取得税 自動車税 補助金
660 F FF 5MT 3,800 5,700 2,700 -
660 F FF 5AT 5,700 8,300 2,700 -
660 L FF CVT 7,500 14,900 5,400 -
660 S FF CVT 7,500 17,600 5,400 -
660 X FF CVT 7,500 19,500 5,400 -
660 F 4WD 5MT 1,900 3,100 - -
660 F 4WD 5AT 3,800 6,300 2,700 -
660 L 4WD CVT 5,700 13,300 5,400 -
660 S 4WD CVT 5,700 15,500 5,400 -
660 X 4WD CVT 5,700 16,900 5,400 -
自動車税の減税は、登録翌年度のみ

 

○主要装備一覧
   
「F」

・ESP (横滑り防止+トラクションコントロール)
・エマージェンシーストップシグナル
・ヒルホールドコントロール (5AGSのみ)
・全席シート3点式シートベルト
・クラッチスタートシステム (5MTのみ)
・マルチインフォメーションディスプレイ
・マニュアルエアコン (エアフィルター付)
・電波式キーレスエントリー
・CD/AM/FM (2スピーカー)
・フロントパワーウインドウ
・ファブリックシート表皮 (ネイビー)
・カラードバンパー
・全面熱線吸収グリーンガラス
・UVカット機能付フロントガラス
・145/80R13タイヤ+フルホイールキャップ
・パンク修理キット
・セキュリティアラーム

 <4WD>

・ビスカスカップリング式フルタイム4WD
・リヤワイパー&ウォッシャー
・運転席シートヒーター

 <スズキセーフティサポート装着車>

・デュアルセンサーブレーキサポート (レーザー×単眼カメラ)
 誤発進抑制機能/車線逸脱警報機能
 ふらつき警報機能/先行車発進お知らせ機能
 ハイビームアシスト
・後退時ブレーキサポート
 後方誤後退抑制機能/リヤパーキングセンサー
・オートライトシステム
・メーターパネル (上位グレード用)



「L」

・エコクール
・リヤパワーウインドウ
・カラードドアハンドル
・UVカット機能付フロントドアガラス
・エネチャージ
・アイドリングストップシステム

 <4WD>

・助手席シートヒーター

「S」

・スズキセーフティサポート
・電動格納式リモコンカラードドアミラー
・運転席+助手席バニティミラー
・リヤアシストグリップ
・運転席シートリフター
・全席シートヘッドレスト
・全面UVカットガラス+リヤスモークガラス

 <4WD>

・ヒーテッドドアミラー



「X」

・フルオートエアコン
・キーレスプッシュスタートシステム
・リモート格納ドアミラー
・ルーフアンテナ
・チルトステアリング
・サテンメッキ調エアコンルーバーリング
・シルバー塗装インサイドドアハンドル
・LEDサイドターンランプ付ドアミラー
・イモビライザー
・フロントスタビライザー
・リヤスタビライザー (2WDのみ)
・165/55R15タイヤ
・15インチアルミホイール
   

 

○おすすめグレード
 ① 660 L

 ② 660 S
愛嬌のあるデザインと低価格のアルト。安い車という点が注目されるが、実はかなり技術面でも魅力のある車となっている。たとえば、先代から60kgもの軽量化を実現。ボディ剛性や安全性能を確保しながら、見えない部分にもお金をかけている。カタログの燃費はちょっと良すぎる面はあるが、実用燃費で24~25.0は走ってくれる。正直「F」はなくてはいいような気もする。ライバル車の価格設定を見て販売戦略上用意しているのだろうが、「L」に5MTを用意するのでもいいんじゃなかろうか。独特の乗り味はどこかレトロな雰囲気も漂うアルトに似合っているような気もするが、マニュアルに乗ったことがない人、スムーズな走り味を好む人はCVTの「L」がベスト。アルトは低価格なモデルを買うのが一番よい買い物なので下手に上級装備を求めることはない。しかし、このカタチやサイズ感がよいという人もいるので、充実装備のモデルもある。「S」や「X」は欲しい人の選択になる。2018年の改良では、安全支援システムが旧来のレーダーブレーキサポートから、スペーシアと同等のパッケージに刷新。デュアルセンサーブレーキサポート、後退時ブレーキサポートまで装備して、ハイビームアシストがアルトにまで拡大されたのはうれしい。価格は少々上がったが、これだけの内容なら納得。その他、「S」と「X」にはディスチャージヘッドランプがオプションできるようになっている。
 

 

○値引き情報
3 - 5 万円
新型アルトは徹底した軽量化とコストダウンにより、燃費と価格の低減に加えて、クラスナンバー1の走りの軽快さを得ているはず。また、実際には写真で見るよりもずっと女性ウケしそうであり、販売は変わりなく順調に推移するのではないかと思われる。低価格モデルだけに値引きは限られてしまうが、スタートダッシュは大事。各販売会社でも方針は異なるが、オプションプレゼントなどの施策が実施される可能性は高く、実質5万円程度の値引きは取れる。
 

 

○今後の動向
当面は変更なし
次回の情報をお待ちください。
 

 

 

軽自動車をお探しの方には、提携サイト「Oh!軽」さんがおすすめです。軽自動車専門サイトの老舗として常にトップを走り続けている信頼の専門サイト。軽自動車全車種の詳細な情報を、たくさん写真とともにレポート。多くのオーナーの方との意見交換もでき、軽購入に必見の情報が満載です。

 

○モデルプロフィール
現行型発売日 2014年12月22日 月販目標台数 7,000台 (シリーズ全体・バン含む)
最新改良日 2018年12月13日(改良) 月販平均台数 4,852台 [17/1-12]
生産工場 スズキ株式会社 湖西工場 (静岡県湖西市)