SUZUKI WAGON R STINGRAY    

販売店 : スズキ店 / スズキアリーナ店      


グレード 駆動 変速機 税込価格 燃費 CO2 重量税 取得税
660 L FF CVT 1,293,840 26.8 87 50% 20%
660 L セーフティパッケージ FF CVT 1,353,240 26.8 87 50% 20%
660 ハイブリッド X FF CVT 1,488,240 33.4 69 免税 免税
660 ハイブリッド T FF CVT 1,658,880 28.4 82 75% 40%
660 L 4WD CVT 1,414,800 25.4 91 50% 20%
660 L セーフティパッケージ 4WD CVT 1,474,200 25.4 91 50% 20%
660 ハイブリッド X 4WD CVT 1,609,200 30.4 76 免税 60%
660 ハイブリッド T 4WD CVT 1,779,840 27.0 86 75% 40%
 

メーカー希望小売価格(北海道・沖縄地区は価格が異なることがあります)

グリーンの欄は燃費基準達成を示す。このうち価格欄がグリーンとなっているものはエコカー減税対象車。
燃費数値は、JC08
モード(国土交通省審査値) 単位は km/L (CO2排出量はg/km)

 

○ ボディカラー
- ボディカラー 全 車
  ピュアホワイトパール
  スチールシルバーメタリック
  ブルーイッシュブラックパール3
  ピュアレッド
  ブレイブカーキパール
  ムーンライトバイオレットパールメタリック
☆ オプションカラー <21,600円>

 

○主要諸元
シリーズ 前輪駆動 (FF) 四輪駆動 (4WD)
全長/全幅/全高 3,395 / 1,475 / 1,650-1,660 mm
ホイールベース 2,460 mm
トレッド [フロント] 1,295 mm
トレッド [リヤ] 1,300 mm 1,295 mm
最低地上高 150 mm
最小回転半径 4.4 - 4.6 m
室内長/室内幅/室内高 2,450 / 1,355 / 1,265 mm
乗車定員 4 名
車両重量 770 - 800 kg 820 - 850 kg
ステアリング ラック&ピニオン式
フロントサスペンション マクファーソンストラット式
リヤサスペンション トーションビーム式 アイソレーテッド・トレーリングリンク式
フロントブレーキ ディスク式
ベンチレーテッドディスク式
リヤブレーキ リーディングトレーリング式
トランスミッション 副変速機構付CVT  副変速機構付CVT

 

○エンジン/モーター

エンジン型式 R06A R06A
種類・動弁・燃料供給 直列3気筒 DOHC 12V EPI 直列3気筒 DOHC 12V EPI
主要技術 吸排気VVT 吸排気VVT・マイルドハイブリッド
総排気量 L 0.658 0.658
内径/行程 mm 64.0 × 68.2 64.0 × 68.2
圧縮比 11.5 11.5
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 38[52]/6,500 38[52]/6,500
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 60[6.1]/4,000 60[6.1]/4,000
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン・27L 無鉛レギュラーガソリン・27L
モーター型式 - WA05A
種類 - 直流同期電動機
最高出力 kW[PS] - 2.3[3.1]/1,000
最大トルク N・m[kgf・m] - 50[5.1]/100
動力用主電池・個数・容量 - リチウムイオン電池・5個・10Ah
搭載グレード L HYBRID X

エンジン型式 R06A -
種類・動弁・燃料供給 直列3気筒 DOHC 12V EPI -
主要技術 VVT・インタークーラー付ターボ・マイルドハイブリッド -
総排気量 L 0.658 -
内径/行程 mm 64.0 × 68.2 -
圧縮比 9.1 -
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 47[64]/6,000 -
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 98[10.0]/3,000 -
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン・27L -
モーター型式 WA05A -
種類 直流同期電動機 -
最高出力 kW[PS] 2.3[3.1]/1,000 -
最大トルク N・m[kgf・m] 50[5.1]/100 -
動力用主電池・個数・容量 リチウムイオン電池・5個・10Ah -
搭載グレード HYBRID T -

 

○エコカー減税・グリーン税制 減税額
グレード 駆動 変速機 重量税 取得税 自動車税 補助金
660 L FF CVT 3,800 4,300 - -
660 ハイブリッド X FF CVT 7,500 24,800 5,400 -
660 ハイブリッド T FF CVT 5,700 11,100 2,700 -
660 L FF CVT 3,800 4,700 - -
660 ハイブリッド X 4WD CVT 7,500 16,100 2,700 -
660 ハイブリッド T 4WD CVT 5,700 11,900 2,700 -
自動車税の減税は、登録翌年度のみ

 

○主要装備一覧
   
「L」

・ESP (横滑り防止システム+トラクションコントロール)
・全席シートヘッドレスト+3点式シートベルト
・ISOFIX対応チャイルドシート固定用テザーアンカー
・エマージェンシーストップシグナル
・ヒルホールドコントロール
・リヤワイパー&ウォッシャー
・LEDヘッドランプ+オートライトシステム
・LEDポジションランプ
・運転席シートヒーター
・フルオートエアコン (抗菌処理エアフィルター)
・オーディオレス (2スピーカー)
・ルーフアンテナ
・キーレスプッシュスタートシステム
・レーンチェンジウインカー
・電動格納式リモコンカラードドアミラー
・自発光メーター (タコメーター付)
・マルチインフォメーションディスプレイ
・ステアリングオーディオスイッチ
・インパネカラーパネル (ブラックパール)
・運転席+助手席バニティミラー
・左右独立シートスライド&リクライニング機構
・アンブレラホルダー
・全面UVカットガラス+リヤスモークガラス
・IRカット機能付フロントガラス
・プレミアムUV&IRカットフロントドアガラス
・Bピラー上層部ブラックアウト
・フロント&リヤエアロ形状バンパー
・リヤバンパーガーニッシュ
・サイドアンダー&ルーフエンドスポイラー
・フロントグリル (メッキ×ブラックパール)
・メッキアウトサイドドアハンドル
・LEDストップランプ
・イモビライザー+セキュリティアラーム
・フロントスタビライザー
・リヤスタビライザー (2WDのみ)
・155/65R14タイヤ+14インチアルミホイール
・パンク修理キット

 [4WD]

・ビスカスカップリング方式フルタイム4WD
・助手席シートヒーター
・ヒーテッドドアミラー

「L セーフティパッケージ」

・デュアルセンサーブレーキサポート (単眼カメラ×レーザー)
 誤発進抑制機能
 車線逸脱警報機能
 ふらつき警報機能
 先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト機能
・ヘッドアップディスプレイ



「ハイブリッド X」

・LEDフロントフォグランプ
・車両接近通報装置
・エコクール
・本革巻ステアリング
・チルトステアリング
・メッキインサイドドアハンドル
・運転席シートリフター
・LEDサイドターンランプ付ドアミラー
・マイルドハイブリッド
・アイドリングストップシステム



「ハイブリッド T」

・インタークーラーターボエンジン
・フロントベンチレーテッドディスクブレーキ
・165/55R15タイヤ+15インチアルミホイール
・フロントシートSRSサイドエアバッグ
・SRSカーテンエアバッグ
・クルーズコントロール
・リモート格納ドアミラー
・パドルシフト
   

 

○おすすめグレード
 ① 660 HYBRID X

 ② 660 L セーフティパッケージ
約半年遅れてようやくデビューとなった新型ワゴンR。燃費計測の問題もありティザーキャンペーンもなく、派手なデビューといった感じではなかったが、改めてスズキの考える軽は実用品という精神を形にしたモデルとなった。先代からプラットフォームを一新し、ホイールベースも大幅に拡大された。室内空間も広がっている。エンジンは大幅には変わっていないが、S-エネチャージはマイルドハイブリッドという名称に変更。ソリオなどと同じ小型車用の発電機兼用モーターを流用してアシストをパワフルに。バッテリーも3倍の容量になったことから10秒間ならEV走行もできるようになった。スイフトで採用されたデュアルセンサーブレーキサポートや軽初となるヘッドアップディスプレイの採用など新しい装備もある。今までスティングレーは、マイルドハイブリッドを採用したタイプのみになっており、スタート価格も147万円と高額だった。今回はマイルドハイブリッドなどを省いて求めやすい価格とした「L」を新設定。この装備内容で120万円台にしているのは大したものだと思う。日常の足ならこれで十分。上級の「ハイブリッドX」はそれなりに装備が充実。セーフティパッケージも標準装備となる。ただ、+13万円は少し考えてしまうところ。ターボはサイド&カーテンエアバッグがやっと付いた。せっかく設定したのなら全モデルにオプション設定してほしい。
 

 

○値引き情報
3 - 5 万円
主力車種だけに相当力が入っている。しかし、かつてのように黙っていても売れていくというわけでもないので、オプションプレゼントなど早くも実施している販売会社もあるようだ。ライバルはダイハツムーヴとホンダN-WGN。特にダイハツには対抗心は大きい。その商品力の高さをアピールしてくるだろうが、何もなしというわけにもいかない。用品プレゼントなど含めて5万円程度の値引きは取れると考えられる。
 

 

○今後の動向
当面は変更なし
次回の情報をお待ちください。
 

 

 

軽自動車をお探しの方には、提携サイト「Oh!軽」さんがおすすめです。軽自動車専門サイトの老舗として常にトップを走り続けている信頼の専門サイト。軽自動車全車種の詳細な情報を、たくさん写真とともにレポート。多くのオーナーの方との意見交換もでき、軽購入に必見の情報が満載です。

 

○モデルプロフィール
現行型発売日 2017年2月1日 月販目標台数 16,000台
最新改良日 2017年2月1日 月販平均台数 9,009台 [15/1-12]
生産工場 スズキ株式会社 湖西工場 (静岡県湖西市)