TOYOTA ALLION     

販売店 : トヨタ店       


グレード 駆動 変速機 税込価格 燃費 CO2 重量税 取得税
1.5 A15 FF CVT 1,897,855 19.2 121 25% 20%
1.5 A15 "Gパッケージ" FF CVT 2,086,363 19.2 121 25% 20%
1.5 A15 "G-plusパッケージ" FF CVT 2,269,963 19.2 121 25% 20%
1.8 A18 FF CVT 2,032,363 16.4 142 - -
1.8 A18 "Gパッケージ" FF CVT 2,239,527 16.4 142 - -
1.8 A18 "G-plusパッケージ" FF CVT 2,491,855 16.4 142 - -
2.0 A20 FF CVT 2,404,473 15.6 149 - -
2.0 A20 "G-plusパッケージ" FF CVT 2,650,909 15.6 149 - -
1.8 A18 4WD CVT 2,226,763 14.8 157 - -
1.8 A18 "Gパッケージ" 4WD CVT 2,433,927 14.8 157 - -
1.8 A18 "G-plusパッケージ" 4WD CVT 2,675,455 14.8 157 - -
 

メーカー希望小売価格(北海道・沖縄地区は価格が異なることがあります)

グリーンの欄は燃費基準達成を示す。このうち価格欄がグリーンとなっているものはエコカー減税対象車。
燃費数値は、JC08
モード(国土交通省審査値) 単位は km/L (CO2排出量はg/km)

 

○ ボディカラー
- ボディカラー 全 車
  スーパーホワイト.II
  ホワイトパールクリスタルシャイン
  シルバーメタリック
  アティチュードブラックマイカ
  ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
  ダークレッドマイカメタリック
  ダークシェリーマイカメタリック
  フロスティグリーンマイカ
☆ オプションカラー <32,400円>

 

○主要諸元
シリーズ 前輪駆動 (FF) 四輪駆動 (4WD)
全長/全幅/全高 4,590 / 1,695 / 1,475 mm 4,590 / 1,695 / 1,485 mm
ホイールベース 2,700 mm
トレッド [フロント] 1,480 mm
トレッド [リヤ] 1,460 - 1,465 mm 1,465 mm
最低地上高 160 mm 155 mm
最小回転半径 5.3 m 5.4 m
室内長/室内幅/室内高 2,055 / 1,450 / 1,205 mm
乗車定員 5 名
車両重量 1,200 - 1,270 kg 1,330 kg
ステアリング ラック&ピニオン式
フロントサスペンション ストラット式
リヤサスペンション トーションビーム式 ダブルウィッシュボーン式
フロントブレーキ ベンチレーテッドディスク式
リヤブレーキ リーディングトレーリング式ドラム
トランスミッション Super CVT-i

 

○エンジン
エンジン型式 1NZ-FE 2ZR-FAE
種類・動弁・燃料供給 直列4気筒 DOHC 16V EFI 直列4気筒 DOHC 16V EFI
主要技術 VVT-i Dual VVT-i ・バルブマチック
総排気量 L 1.496 1.797
内径/行程 mm 75.0 × 84.7 80.5 × 88.3
圧縮比 11.0 10.6
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 80[109]/6,000 105[143]/6,200 <96[131]/6,200>
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 136[13.9]/4,800 173[17.6]/4,000 <161[16.4]/4,000>
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン・60L 無鉛レギュラーガソリン・60L
搭載グレード 1.5L 1.8L 2WD <1.8L 4WD>

 

エンジン型式 3ZR-FAE -
種類・動弁・燃料供給 直列4気筒 DOHC 16V EFI -
主要技術 Dual VVT-i ・バルブマチック -
総排気量 L 1.986  
内径/行程 mm 80.5 × 97.6 -
圧縮比 10.5 -
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 112[152]/6,100 -
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 193[19.7]/3,800 -
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン・60L -
搭載グレード 2.0L -

 

○エコカー減税・グリーン税制 減税額
グレード 駆動 変速機 重量税 取得税 自動車税 補助金
1.5 A15 FF CVT 5,700 9,500 - -
1.5 A15 "Gパッケージ" FF CVT 5,700 10,400 - -
1.5 A15 "G-plusパッケージ" FF CVT 5,700 11,400 - -
自動車税の減税は、登録翌年度のみ

 

○主要装備一覧
   
「A15」「A18」

・185/65R15タイヤ+樹脂フルキャップ
・フロント&リヤスタビライザー
・スペアタイヤ
・メッキリヤライセンスガーニッシュ
・全面UVカットガラス (フロントドア撥水機能付)
・アイドリングストップ機能 (A15のみ)
・S-VSC&TRC [横滑り防止システム]
・ドライブスタートコントロール
・ヒルスタートアシストコントロール
・緊急ブレーキシグナル
・全席シートヘッドレスト+3点式シートベルト
・オート電動格納式カラードリモコンドアミラー
  リバース連動機能付/サイドターンランプ付
・時間調整式間欠フロントワイパー
・オプティトロンメーター
・TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ
・ステアリングスイッチ (オーディオ/DISP)
・ワイヤレスドアロックリモートコントロール
・チルト&テレスコピックステアリング
・ファブリックシート表皮
・運転席シート上下アジャスター
・マニュアルエアコン (花粉除去タイプクリーンエアフィルター)
・メッキインサイドドアハンドル
・運転席+助手席天井照明付バニティミラー
・オーディオレス [4スピーカー]
・ガラスプリントアンテナ

  [4WD]

・アクティブトルクコントール4WD
・リヤダブルウィッシュボーン式サスペンション
・195/65R15タイヤ+樹脂フルキャップ

「Gパッケージ」「A20」

・Toyota Safety Sense C
 プリクラッシュセーフティシステム (レーザー×単眼カメラ)
 レーンディパーチャーアラート
 オートマチックハイビーム
・先行車発進告知機能
・インテリジェントクリアランスソナー
・ドアサッシブラックアウト
・コンライト
・スマートエントリー&スタートシステム
・イモビライザー
・本革巻ステアリング&木目調シフトノブ (A18/A20のみ)
・ファブリックシート表皮 (ラグジュアリー)
・ファブリックセンターピラー&ルーフサイドインナーガーニッシュ
・オートエアコン (花粉除去モード付)
・リヤ読書灯
・クルーズコントロール (A20のみ)



「G-plusパッケージ」

・195/55R16タイヤ+16インチアルミホイール (A18/A20のみ)
・195/65R15タイヤ+15インチアルミホイール (A18 4WDのみ)
・スーパーUVカットフロントドアガラス
・UVカット機能付プライバシーガラス
・マッドガード
・Bi-Beam LEDヘッドランプ
・LEDクリアランスランプ
・フロントフォグランプ
・本革巻+木目調ステアリング&シフトノブ
・合成皮革+ファブリックシート表皮 (ハイラグジュアリー)
・運転席8ウェイパワーシート
・合成皮革ドアトリムオーナメント
・ナノイー
・6スピーカー
   

 

○おすすめグレード
 ① 1.5 A15 "Gパッケージ"

 ② 1.5 A15 "G-plusパッケージ"
デビューから10年目を迎えて、大規模なマイナーチェンジを実施した。アリオンとプレミオはフロントマスクを共通とし、どちらかといえばアリオンのイメージを踏襲された。フロントグリルは差別化されており、こちらはミニクラウンアスリートのような雰囲気で今風の顔つきである。エンジンフードなども歩行者に配慮した形状となったほか、ヘッドライトもLEDにバージョンアップ。リヤビューはこれまで通り、プレミオとは異なったものでアリオンとわかるものとなっている。今回のマイナーチェンジでは、最新の安全装備を採用することに重点が置かれた。トヨタセーフティセンスCを採用し、高性能な自動ブレーキを得て、ユーザー層にマッチしたものとなっている。この他にも誤発進を抑制するドライブスタートコントロール、インテリジェントクリアランスソナーを採用するなどクラウン譲りの装備も盛り込まれている。本革シートを装備した「レザーパッケージ」は廃止されたが、メーカーオプションにて対応。1.8Lにも装着できるようになった。アリオンのみに設定されていたエアロパッケージは廃止された。おすすめは、1.5Lエンジンを搭載するモデル。日常ならこれで十分なものである。ただ、これ1台で遠くまで行く、あるいはプレビスからの乗り換えなどであれば、1.8Lは欲しいと思われる。
 

 

○値引き情報
20 - 25 万円
大規模なマイナーチェンジを実施したものの、デビューが古い車なので殿様商売は難しい。また、価格がちょっと高くなり過ぎている面もあり、ある程度値引きも考えた価格設定としているのではないかと思う。プリウスが登場後も根強く販売台数を維持してきたアリオンだが、国内専用でボリュームが大きくないため、フルモデルチェンジするほどのお金がかけられなかったのだろう。とはいえ、数少ない5ナンバーの上級セダンを残すということは、トヨタとしては国内市場を重視しているという意思表示でもある。ライバルはほとんどおらず、トヨペット店のプレミオが一番いい。あとはハイブリッドという点で、カローラハイブリッドが一定の効果がありそう。
 

 

○今後の動向
当面は変更なし
次回の情報をお待ちください。
 

 

○モデルプロフィール
現行型発売日 2007年6月4日 月販目標台数 1,000台
最新改良日 2016年6月13日(MC) 月販平均台数 613台 [15/1-12]
生産工場 トヨタ自動車株式会社 堤工場 (愛知県豊田市)