TOYOTA CAMRY     

販売店 : トヨタカローラ店       


グレード 駆動 変速機 税込価格 燃費 CO2 重量税 取得税
2.5 ハイブリッド *1 FF CVT 3,221,345 23.4 99 免税 免税
2.5 ハイブリッド "Gパッケージ" FF CVT 3,427,527 23.4 99 免税 免税
2.5 ハイブリッド "Gパッケージ・プレミアムブラック"* FF CVT0 3,591,491 23.4 99 免税 免税
2.5 ハイブリッド "レザーパッケージ" FF CVT 4,028,400 23.4 99 免税 免税
*1 16インチアルミホイールをオプションすると25.4km/Lとなります

メーカー希望小売価格(北海道・沖縄地区は価格が異なることがあります)

グリーンの欄は燃費基準達成を示す。このうち価格欄がグリーンとなっているものはエコカー減税対象車。
燃費数値は、JC08
モード(国土交通省審査値) 単位は km/L (CO2排出量はg/km)

 

○ ボディカラー
- ボディカラー 全 車
  ホワイトパールクリスタルシャイン
  シルバーメタリック
  グレーマイカメタリック
  ダークスチールマイカ
  アティチュードブラックマイカ
  レッドマイカメタリック
  トゥルーブルーマイカメタリック
  ダークブルーマイカメタリック
☆ オプションカラー <32,400円>

 

○主要諸元
シリーズ 前輪駆動 (FF) -
全長/全幅/全高 4,850 / 1,825 / 1,470 mm -
ホイールベース 2,775 mm -
トレッド [フロント] 1,575 mm -
トレッド [リヤ] 1,565 mm -
最低地上高 150 mm -
最小回転半径 5.5 m -
室内長/室内幅/室内高 2,080 / 1,525 / 1,145-1,210 mm -
乗車定員 5 名 -
車両重量 1,540 - 1,560 kg -
ステアリング ラック&ピニオン式 -
フロントサスペンション ストラット式 -
リヤサスペンション ストラット式 -
フロントブレーキ ベンチレーテッドディスク式 -
リヤブレーキ ディスク式 -
作動方式 油圧・回生ブレーキ協調式 -
トランスミッション 電気式無段変速機 -

 

○エンジン/モーター
エンジン型式 2AR-FXE -
種類・動弁・燃料供給 直列4気筒 DOHC 16V EFI -
主要技術 VVT-i ・アトキンソンサイクル ・THS II -
総排気量 L 2.493 -
内径/行程 mm 90.0 × 98.0 -
圧縮比 12.5 -
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 118[160]/5,700 -
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 213[21.7]/4,500 -
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン・65L -
モーター型式 2JM -
種類 交流同期電動機 (永久磁石式同期型モーター)  
最高出力 kW[PS] 105[143]  
最大トルク N・m[kgf・m] 270[27.5]  
動力用主電池 ニッケル水素電池  
接続方式・個数・容量 直列 / 34個 / 6.5Ah  
ハイブリッドシステム出力 kW[PS] 151[205]  

 

○エコカー減税・グリーン税制 減税額
グレード 駆動 変速機 重量税 取得税 自動車税 補助金
2.5 ハイブリッド FF CVT 30,000 80,500 33,500 -
2.5 ハイブリッド "Gパッケージ" FF CVT 30,000 85,600 33,500 -
2.5 ハイブリッド "Gパッケージ・プレミアムブラック"* FF CVT 30,000 89,700 33,500 -
2.5 ハイブリッド "レザーパッケージ" FF CVT 30,000 100,700 33,500 -
自動車税の減税は、登録翌年度のみ

 

○主要装備一覧
   
「ハイブリッド」

・215/60R16タイヤ+樹脂フルキャップ
・スペアタイヤ
・フロント&リヤスタビライザー
・全面UVカットグリーンガラス (フロント高遮音性ガラス)
・メッキフロントグリル+フードモール+リヤバンパーモール
・サイドマッドガード
・メッキアウトサイドドアハンドル
・全面UVカットガラス (フロントIRカット&遮音機能付)
・IRカット&撥水機能付フロントドアガラス
・ディスチャージヘッドランプ+LEDクリアランスランプ
・フロントフォグランプ (メッキガーニッシュ付)
・コンライト
・LEDリヤコンビネーションランプ
・電動格納式リモコンカラードドアミラー
 ヒーター付レインクリアリング/運転席ワイドビュー
・ドアミラーサイドターンランプ
・電子制御ブレーキシステム [ECB]
・全席シートヘッドレスト+3点式シートベルト
・S-VSC&TRC [横滑り防止システム]
・ヒルスタートアシストコントロール
・車両接近通報装置
・緊急ブレーキシグナル
・SRS前席サイド&前後カーテンシールドエアバッグ
・SRS運転席ニーエアバッグ
・むち打ち傷害軽減フロントシート
・ステアリングスイッチ (オーディオ/ディスプレイ)
・チルト&テレスコピックステアリング
・本革巻+木目調シフトノブ
・モードスイッチ [ECO/EV]
・スマートエントリー&プッシュスタートシステム
・エンジン&モーターイモビライザー
・車速感応オート電気式ドアロック
・オプティトロンメーター
・4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ
・運転席シート上下アジャスター
・ステンレス製ドアスカッフプレート
・ステッチ付ソフトパッド表皮 (インパネ/メーターフード)
・木目調パネル (カーボンウッド調)
・左右独立温度調整電動インバーターオートエアコン+ナノイー
・湿度センサー+クリーンエアフィルター (花粉除去タイプ)
・後席エアコン吹き出し口
・イルミネーション (センターコンソール/ドアハンドルほか)
・オーディオレス [6スピーカー]

「ハイブリッド "Gパッケージ"」

・215/55R17タイヤ+アルミホイール
・タイヤ空気圧警報システム (TPWS)
・UVカットソフトプライバシーガラス
・マフラーカッター
・クルーズコントロール
・本革巻ステアリング
・運転席パワーシート+電動ランバーサポート



 特別仕様車「ハイブリッド "Gパッケージ・プレミアムブラック"」

・LEDヘッドランプ+LEDフォグランプ
・LEDフロントターンランプ
・スーパークロームメタリック塗装17インチアルミホイール
・ソフトレザードアトリムオーナメント
・ダークブラウン木目調パネル
・本革巻+ダーク木目調ステアリング

-------

「ハイブリッド "レザーパッケージ"」

<「Gパッケージ」の装備に加えて>

・自動防眩インナーミラー
・本革シート
・フロントシートヒーター
・助手席パワーシート
・ソフトレザードアトリム+コンソールボックス表皮
・T-Connect SDナビゲーションシステム (ワイドVGA-7型画面)
・Blu-ray/DVD/CD/DTV/AM/FM [6スピーカー]
・SD/サウンドライブラリー/USB/AUX/Bluetooth
・音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター
   

 

○おすすめグレード
 ① 2.5 ハイブリッド "Gパッケージ"

 ② 2.5 ハイブリッド
カムリは価格帯もクラスもSAIに近いが、ボデーサイズがアメリカ向けということもあって大柄。ただし、ハイブリッドの基本システムは同じながら、エンジンはひと世代新しいものを使用している。標準グレードでも装備は充実している。17インチのアルミホイールにこだわらなければ標準グレードがおすすめ。ただ、300万円オーバーの価格帯で20万円の価格差はそんなに気にしてはいけないので、ケチって後悔しないようにした方がいい。例えば、本革巻ステアリングは後から装着しても安く上がるが、パワーシートは難しい上、アルミも純正の後付けではかえって割高になる。多少でもこれらの装備が欲しいと思えば「Gパッケージ」を選択するべきである。「レザーパッケージ」はこれまでの「ディグニスエディション」に相当するもの。ウィンダムのユーザーに向けたモデルともいえる。本革シート、最新のTコネクト対応のSDナビゲーションを装備するものだが、SAIやレクサスだけでなく、クラウンとも接近する価格で悩んでしまうところ。
 

 

○値引き情報
15 - 20 万円
新型はアメリカ向けではなく、アジア地区向けのデザインを投入した。これにより、日本人好みの路線になった。上級セダンから乗り換えたが、プリウスでは満足できなかったという人、また高級車としては難解なイメージのSAIよりも、わかりやすいハイブリッド高級セダンとして、前モデルよりも販売は増えている。ライバルは他系列で扱うSAIが有効そうだが、カローラ店でも扱っているので下手に競合するとSAIならうちにもあると言われてしまえば難しい。ハイブリッドということは抜きにしてマークXなどと競合させた方が良いかもしれない。
 

 

○今後の動向
2017年 フルモデルチェンジ
カムリのメイン市場はアメリカで年間30万台レベルの販売。日本はオマケである。これまで5年ごとにモデルチェンジしているので、おそらく新型の登場は来年。新型はSAIやマークXと将来的に統合するため、カローラ店のみではなくトヨペット店とネッツ店でも取り扱う方向で調整されているという。国内向けは2.5Lのハイブリッドのみとなるようだ。
 

 

○モデルプロフィール
現行型発売日 2011年9月5日 月販目標台数 500台
最新改良日 2015年10月6日(改良) 月販平均台数 600台 [15/1-12]
生産工場 トヨタ自動車株式会社 堤工場 (愛知県豊田市)