TOYOTA LAND CRUISER PRADO     

販売店 : トヨタ店       


グレード 駆動 変速機 税込価格 燃費 CO2 重量税 取得税
2.7 TX [5人乗り] 4WD 6AT 3,349,963 9.0 258 - -
2.7 TX [7人乗り] 4WD 6AT 3,504,109 9.0 258 - -
2.7 TX "Lパッケージ" [5人乗り] 4WD 6AT 3,802,582 9.0 258 - -
2.7 TX "Lパッケージ" [7人乗り] 4WD 6AT 3,956,727 9.0 258 - -
2.7 TX "Lパッケージ・G-FRONTIER"* [7人乗り] 4WD 6AT 4,037,040 9.0 258 - -
2.8 TX [5人乗り] 4WD 6AT 3,964,582 11.8 219 免税 免税
2.8 TX "Lパッケージ" [7人乗り] 4WD 6AT 4,696,037 11.8 219 免税 免税
2.8 TX "Lパッケージ・G-FRONTIER"* [7人乗り] 4WD 6AT 4,775,760 11.8 219 免税 免税
2.8 TZ-G [7人乗り] 4WD 6AT 5,133,927 11.2 231 免税 免税
 

メーカー希望小売価格(北海道・沖縄地区は価格が異なることがあります)

グリーンの欄は燃費基準達成を示す。このうち価格欄がグリーンとなっているものはエコカー減税対象車。
燃費数値は、JC08
モード(国土交通省審査値) 単位は km/L (CO2排出量はg/km)

 

○ ボディカラー
- ボディカラー 全 車 G-FRONTIER
  スーパーホワイト.II
  ホワイトパールクリスタルシャイン
  シルバーメタリック
  グレーメタリック
  ダークスチールマイカ
  ブラック
  アティチュードブラックマイカ
  レッドマイカメタリック
  ブロンズマイカメタリック
  ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン
  ダークグリーンマイカ
☆ オプションカラー <32,400円>

 

○主要諸元
シリーズ 四輪駆動 (4WD) -
全長/全幅/全高 4,760 / 1,885 / 1,835-1,900 mm -
ホイールベース 2,790 mm -
トレッド [フロント] 1,585 mm -
トレッド [リヤ] 1,585 mm -
最低地上高 220 mm -
最小回転半径 5.8 m -
室内長/室内幅/室内高 1,825-2,520 / 1,565 / 1,175-1,240 mm -
乗車定員 5 / 7 名 -
車両重量 2,040 - 2,300 kg -
ステアリング ラック&ピニオン式 -
フロントサスペンション ダブルウィッシュボーン式 -
リヤサスペンション トレーリングリンク車軸式 -
フロントブレーキ ベンチレーテッドディスク式 -
リヤブレーキ ベンチレーテッドディスク式 -
トランスミッション 6 Super ECT -

 

○エンジン/モーター
エンジン型式 2TR-FE 1GD-FTV
種類・動弁・燃料供給 直列4気筒 DOHC 16V EFI 直列4気筒 DOHC 16V コモンレール 直噴 <D-4D>
主要技術 Dual VVT-i インタークーラー付ターボ
総排気量 L 2.693 2.754
内径/行程 mm 95.0 × 95.0 92.0 × 103.6
圧縮比 10.2 15.6
最高出力 kW[PS]/r.p.m. 120[163]/5,200 130[177]/3,400
最大トルク N・m[kgf・m]/r.p.m. 246[25.1]/3,900 450[45.9]/1,600-2,400
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン・87L 軽油・87L

 

○エコカー減税・グリーン税制 減税額
グレード 駆動 変速機 重量税 取得税 自動車税 補助金
2.8 TX [5人乗り] 4WD 6AT 37,500 99,000 38,000 46,000
2.8 TX "Lパッケージ" [7人乗り] 4WD 6AT 37,500 117,300 38,000 46,000
2.8 TX "Lパッケージ・G-FRONTIER"* [7人乗り] 4WD 6AT 37,500 119,300 38,000 46,000
2.8 TZ-G [7人乗り] 4WD 6AT 37,500 128,300 38,000 46,000
自動車税の減税は、登録翌年度のみ

 

○主要装備一覧
   
TX」

・265/65R17タイヤ+アルミホイール
・トルセンLSD付トランスファー
・傾斜角+タイヤ切れ角+4輪トラクション作動ほかモニター
・サイドターンランプ付ドアミラー
・電動格納式リモコンカラードヒーター付ドアミラー
・時間調整式フロント間欠ワイパー&リヤワイパー
・後席確認ミラー
・コンライト
・フロントフォグランプ
・VSC&TRC [横滑り防止システム]
・緊急ストップランプ
・SRS前席サイド&前後カーテンシールドエアバッグ
・SRS運転席ニーエアバッグ
・全席シートヘッドレスト+3点式シートベルト
・全面UVカット+リヤプライバシーガラス
・スーパーUVカットフロントドアガラス (撥水機能付)
・フロント&リヤマッドガード
・LEDハイマウントストップランプ付リヤスポイラー
・スマートエントリー&スタートシステム
・オプティトロンメーター
・TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ
・チルト&テレスコピックステアリング
・ステアリングスイッチ (ディスプレイ切替用)
・左右独立温度調整フルオートエアコン (花粉除去モード)
・花粉除去タイプクリーンエアフィルター
・トノカバー (5人乗りのみ)
・運転席電動ランバーサポート
・オーディオレス [6スピーカー]
・イモビライザー+オートアラーム
・セルフパワーサイレン

 [ディーゼル]

・アクティブトラクションコントロール
・ダウンヒルアシストコントロール制御
・ハイドロブレーキブースター
・ヒルスタートアシストコントロール
・マルチテレインABS

「TX "Lパッケージ"」

・クルーズコントロール
・自動防眩インナーミラー
・雨滴感知式フロント間欠ワイパー
・本革巻ステアリング
・本革巻+木目調シフトノブ
・木目調センタークラスター&インテリアパネル
・メッキインサイドドアハンドル
・センターコンソールイルミネーション
・本革シート (ステッチ付)
・運転席&助手席パワーシート
・快適温熱シート (フロントシート)
・電動格納式サードシート (7人乗りのみ)

 [ディーゼル]

・LEDヘッドランプ
・LEDクリアランスランプ+ヘッドランプクリーナー



「TZ-G」

・265/60R18タイヤ+アルミホイール
・AVS (可変ダンパー)+リヤ電子制御エアサスペンション
・KDSS [キネスティックダイナミックサスペンションシステム]
・クリアランスソナー
・照明付サイドステップ
・電動チルト&テレスコピックステアリング
・本革巻+木目調ステアリング
・ラゲージルーム AC100Vコンセント

-------

「TX "Lパッケージ・G-FRONTIER"」

<「TX "Lパッケージ"」の装備に加えて>

・265/60R18タイヤ+スーパークロームメタリック塗装アルミホイール
・メッキドアミラーカバー
・専用2トーンルーフレール (シルバー×ブラック)
・シルバー塗装カバー付サイドステップ
・本革シート (レッドウッド)
・メタル調加飾コンソールアッパーパネルオーナメント
・専用車検証入れ
   

 

○おすすめグレード
 ① 2.8 TX "Lパッケージ"

 ② 2.7 TX
改良で待望のクリーンディーゼルが追加。ガソリンも6ATの採用を実施した。内外装などは特に変更されていない。これにより、4.0L-V6エンジンが廃止された。ディーゼルが十分な性能を持っているのでV6の代わりになる判断だろう。ベーシックな「TX」でもそれなりに装備は充実している。本革巻ステアリングは欲しい気もするが、後から付かないものでもないから、価格を重視すればガソリンの「TX」が割といい。2.7Lもリセールバリューはいいので心配ない。上級装備を求めるなら「Lパッケージ」がおすすめ。このくらいの内容があれば十分だろう。「TZ-G」もあるが、特にどうしても欲しいと思える装備もないように思う。ガソリンとディーゼルの価格差は「TX」は約62万円、「Lパッケージ」は約74万円。12万円の違いはLEDヘッドランプ分。ディーゼルはコストがかかるといっても、正直ライバルと比較してかなり高めの価格だが、その辺は商売上手なトヨタ。ガソリン車の取得税と重量税がだいたい15万円。翌年の自動車税分が約4万円。さらに、補助金が24万円となり、受けられる優遇が44万円前後。となると、ガソリンとの実質負担差が20万円未満になる。ただし、ガソリンは値引きがあるので、その辺を含めると差額は35万円くらいになるだろう。このくらいの違いならディーゼルの方がいいという人が多いと思うが、値引きも含めた総額を比較したい。
 

 

○値引き情報
5 - 25 万円
ガソリン車は20万円くらいの値引きは期待していい。そうなるとディーゼルとの差額はそこそこ開くことになる。ディーゼルは補助金との関係もあって基本的に値引きゼロで販売。用品のサービスがある程度だろう。受注も絶好調で納期もかなりかかる。トヨタ店専売ということもあってかなり強気だ。クリーンデイーゼル補助金はガソリン車との差額をベースに算出されているので、値引きをして販売すると補助金が減る仕組み。その辺は複雑だが、どうせナビをディーラーオプションで付ける人も多いだろうから、本体値引きは最初から考えず、その辺からしっかりサービスを勝ち取ればいいと思う。
 

 

○今後の動向
2017年 マイナーチェンジ
8月にマイナーチェンジ予定。フロントマスクが一新されて、ランドクルーザー200に似た雰囲気になるらしい。その他には安全装備の充実で、トヨタセーフティセンスが装備されるだろう。
 

 

○モデルプロフィール
現行型発売日 2009年9月14日 月販目標台数 1,000台
最新改良日 2015年6月17日(改良) 月販平均台数 1,648台 [15/1-12]
生産工場 日野自動車株式会社 羽村工場 (東京都羽村市)